最先端の経済誌「Forbes JAPAN」の記事紹介

@Tanner Carney

次世代を担う「30才未満の30人」を選出する「30 UNDER 30 JAPAN」。

今年の受賞者のひとり、現在23歳のプロサーファー、五十嵐カノアは「環境も才能のひとつ」という言葉を地でいく人物だ。



プロサーファーとしてカリフォルニアへ移住した日本人の両親を持ち、3歳からサーフィンを始めた五十嵐は、6歳ではじめてローカルコンテストに出場し、キッズクラスで優勝を飾るという華々しいデビューを果たす。

この活躍に注目したアマチュアUSAコーチにより史上最年少の9歳でUSAチームに加入。11歳で全米アマチュアサーフィン連盟の最多優勝記録である30勝の記録を打ち立てる。

五十嵐は日本人の誰も通ったことがない道を突き進む。19歳で日本人として初めて2016年のチャンピオンシップツアー参戦資格を獲得し、さらに技術に磨きをかけている。



なぜ五十嵐はここまで急速に成長することができたのか。

幼少期からサーフィンに親しんでいたこと、プロサーファーである親の影響、そして幼いころからアメリカのプロにもまれて鍛えられたという、生まれもっていた環境だけではなく、多くの専門家が指摘するのは学習能力の高さだ。

高校は15歳で卒業(2年飛び級)し、ポルトガル語、英語、スペイン語、フランス語、そして日本語の5カ国語を使いこなす。

スピードや技術の難易度、そして創造性で評価されるサーフィンという競技において、類いまれな五十嵐の才能はこれから何を見せてくれるのか。2020年東京オリンピックで正式種目に採用されたこともあり、五十嵐の活躍にはさらに注目が集まっている。


【30 UNDER 30 JAPAN ONLINE FES.開催!】
"今年の受賞者"の生の声や、"これまでの受賞者"の今、
"アドバイザリーボード"からのメッセージが聞ける
オンラインイベントの開催決定。

11月7日(土)13:30〜
事前視聴登録を頂いた方々限定で、当日質問も受付いたします!
是非、ご視聴ください!

・事前視聴登録はこちら
・詳しくは特設ページへ


いがらし・かのあ◎1997年、アメリカ・カリフォルニア州生まれ。プロサーファー。日本初のチャンピオンシップツアー出場者であり、2019年には、同大会アジア人初の優勝を遂げた。同年世界ランキングは6位。木下グループ所属。

Text by Tsuzumi Aoyama

PICK UP

あなたにおすすめ