Close RECOMMEND

I’m the CEO of CultureBanx, redefining business news for minorities.

Photo by Dia Dipasupil/Getty Images

アフリカ系米国人に対する警察の暴力に抗議するデモが各地で行われる中、米ウーバーイーツは、配達料の無料化を通じた黒人コミュニティーの支援に乗り出した。対象となるのは米国とカナダの主要都市で黒人が経営するレストランで、年末まで配達料が無料となる。

ニュースサイト「カルチャーバンクス(CultureBanx)」によると、フードデリバリー業界一般は新型コロナウイルス流行に伴う需要増の恩恵を受けてきた。ウーバーイーツのアプリには、地元で黒人が経営する店を表示する機能が追加されており、これは同サービスの業績をさらに伸ばす可能性がある。

ウーバーの配車サービスの世界利用件数は前年同期比で70%減少している一方、ウーバーイーツは5月時点で2倍以上に成長している。ウーバーはさらに、新型コロナウイルス流行により影響を受けた黒人経営の小規模店舗を利用するユーザーを対象に、配車割引サービスも近々開始する計画だ。

黒人経営の店に対する支援は、同じくデリバリーサービスを展開するポストメーツ(Postmates)も行っている。同社は現在、全米130都市で黒人経営レストランの配達料を無料としており、これに伴う店側の負担はゼロだ。ウーバーイーツでは自社の従業員が黒人経営店のリストをまとめているが、ポストメーツはユーザーがソーシャルメディア上で対象店舗をタグ付けできる仕組みとなっている。

翻訳・編集=遠藤宗生

VOL.17

NBAレブロン・ジェームズが「黒人の投票を促す...

VOL.19

米スタバ、従業員に「Black Lives Matter」Tシ...

PICK UP

あなたにおすすめ