As Mobile Economist at TUNE, I forecast and analyze trends affecting the mobile ecosystem.

Getty Images

アップルが新たにリリースするモバイルOSのコード内から、同社がAR(拡張現実)を次世代のイノベーションの主軸に据えようとしている証拠が発見された。アップルはモバイルコマースや道案内、決済やブランディングなど様々な領域にARを用いようとしている模様だ。

中でも最大の驚きと言えるのが、スターバックスや映画「スター・ウォーズ」との連動を示唆するQRコードが発見された事だ。アップルが今年後半にリリースするiOS 14のコードから見つかったARアプリの「Gobi」は、決済やディスカウント関連の機能を持つものと見られている。

GobiはiPhoneのカメラを用いたARアプリで、QRコードを読み取って様々な動作を可能にする。テッククランチの元編集者のJosh ConstineはそれらのQRコードが、スターバックスでの割引や「スター・ウォーズ」と連動するものだと解説した。

QRコードをARカメラアプリで読み取ると、専用サイトやアプリが起動する。一例としてあげられたのは、Mac Proやアップルウォッチの公式サイトに加え、iTunesストア内の映画「スター・ウォーズ」への誘導だ。

さらに、スターバックスが発行するクレジットカードの申し込み画面に遷移するQRコードや、ディスカウントが受けられるものも用意される見通しだ。

世界6440カ所のスターバックスの店舗の位置データを格納したファイルも見つかっており、Gobiが位置情報と連動し、商品のプロモーションやコンテンツの表示を行う可能性もあるという。

アップルはARを活用して、遊び心のあるコンテンツも提供する見通しだ。Constineによると、店内のテーブルの上にタワーを浮かび上がらせるQRコードも用意されているという。このタワーは、ARゲームで活用されるのかもしれない。

さらに、アップルのFind My(探す)アプリと連動し、AirPodsなどを紛失した際にナビゲーションを行う機能も計画されている模様だ。

アップルは、「忘れ物防止タグ」のAirTagのリリースに向けて動いていると報じられており、この機能がそれに絡むものである可能性もある。

編集=上田裕資

PICK UP

あなたにおすすめ

合わせて読みたい