World Restaurant Awards審査員

「MIFUNE New York」の島野雄シェフ(右)

新型コロナウイルスとの闘いの長期化による医療従事者の負担が懸念されている。特に、感染者、死亡者とも世界最多のニューヨークでは、その状況は深刻だ。

そこで、「日夜働く医療従事者の人々に美味しい食事を」と、立ち上がった日本人シェフがいる。国連本部に程近いイーストミッドタウンで、フレンチに和のエッセンスを加えたフュージョン料理を提供する「MIFUNE New York(ミフネ・ニューヨーク)」の島野雄シェフだ。

目標は、50人分のサンドイッチ


きっかけは、医師でもある地元サッカーチームの仲間が、新型コロナウイルスに罹患し倒れたことだ。幸いなことに、軽症であったためすぐに回復し、また医療の最前線へと復帰したが、そのとき、島野が彼に「何が必要か?」と聞くと、「美味しいものが食べたい」という声が返ってきたという。

すぐさま、店に許可を願い出ると、現在休業中の厨房を使うことが許された。すでにパリでは、フランスでの修行時代に先輩であった「Dersou(デルソー)」の関根拓シェフが医療者への支援活動を始めていたので、彼からアドバイスをもらって、食材の提供などで協力してくれる会社を探したという。

しかし、不安定な経済状況のなか、どこからも断られ続けた。島野は心が折れそうになったが、医師をから聞いた「医療従事者は命がけ。感染を避けるために家族とも過ごすこともできずに、ウイルスと闘っている」という言葉が頭をよぎった。

「誰も助けてくれなくても、1人でできるところまでやってみよう。目標は、50人分のサンドイッチだ」そう心に決めて、自腹での支援を決める。

感染を避けるために公共交通機関は使わず、かつ、より安く食材を調達するため、自転車でマンハッタンを駆け回った。スーパーマーケットは入店制限があり、1回ではすべての食材を運びきれないため、何回も店の列に並び直す。さらに「ドラマみたいな」大雨も追い討ちをかけたという。

数週間ぶりに立つ厨房に、ようやく大量の食材を運び込んだが、いつ食事ができるかわからない医療従事者に提供するためには、衛生管理は必須。それを含めてプロの仕事だと、床から徹底的に磨き上げ、鍋を洗っていると、いつの間にか夜になっていた。

人気の途絶えたマンハッタンのビル街にポツンと灯る明かり。このご時世だから、強盗が押し入らないとも限らない。そんな恐怖とも闘いながら、たった1人仕込みを始めた。

パリの3ツ星レストラン「Guy Savoy(ギイ・サヴォワ)」で日本人として初めてのソーシェ(ソースの味を決める担当)と、肉の部門シェフとなった島野。たとえ片手で食べる軽食であっても、少しでも美味しいものをと精いっぱいの腕を振るう。ベジタリアン、肉、魚のサンドイッチをつくり、4月15日、彼のサッカー仲間が勤めるマンハッタンの中核、マウント・サイナイ病院に届けた。


文=仲山今日子

VOL.358

米政府、コロナ治療薬「国内製造」に向け新興...

VOL.360

「株は5月に売れ」昔ながらの格言は2020年にも...

この著者の記事一覧へ

PICK UP

あなたにおすすめ