エリック・ユアン(Kena Betancur/Getty Images)

新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)が続く中で新興富豪を持ち上げるのは不適切にも思えるかもしれないが、フォーブスがこの度発表した世界長者番付で初めてランキング入りを果たした富豪178人の中には、外出制限を課されている数百万人が頼るサービスを提供している人々もいる。

その最たる例が、オンライン会議システム「Zoom(ズーム)」を提供する米ズーム・ビデオ・コミュニケーションズを起業したエリック・ユアン最高経営責任者(CEO)だ。ユアンは現在、カリフォルニア州サンノゼ近郊の自宅から同社を経営している。

世界中で多数の人々が自宅待機を強いられる中、Zoomは仕事のミーティングや学校の授業、読書会、バーチャル飲み会などに活用されている。ユアンは3月中旬、日本、イタリア、米国の学校へのZoom無料提供を始めた(中国では既に同様の取り組みを行っていた)。

ユアンはフォーブスとのインタビューで、自社の社員に対して「この機会を金儲けのために利用したら、それはひどい風土となる」と伝えたことを明らかにしている。同社の株価は、1月3日から長者番付の資産計算日である3月18日までの間に倍増。自社株の46%を保有するユアンの保有資産額は55億ドル(約6000億円)となった。

今年の世界長者番付では、ユアンを含め20カ国・地域出身の178人が初登場を果たし、その保有資産額総計は3690億ドル(約40兆円)に上る。うち女性は19人で、アマゾン・ドット・コムのジェフ・ベゾスCEOとの離婚によりベゾスが保有する同社株の4分の1を受け取ったマッケンジー・ベゾス(保有資産額360億ドル)が含まれる。

編集=遠藤宗生

PICK UP

あなたにおすすめ

合わせて読みたい