Close RECOMMEND

国際モータージャーナリスト「ライオンのひと吠え」




新型ヤリスは3つのエンジンから選べる。基本は1.0リッター直列3気筒、新開発の1.5リッター直3、そして1.5リッター&モーターのハイブリッドだ。プロトタイプの試乗だったので、エンジンの馬力やトルクの数字などはまだ秘密ということだった。

エントリーモデルは基本的には前輪駆動だが、今回トヨタは、コンパクトカー・クラスでは初の後輪モーターを採用する4WDシステム「E-Four」を設定。ヤリスに関しては、あらゆる面で力が入っている感じだ。

サーキットでは、1.5リッターのガソリン仕様車とハイブリッド仕様を試乗した。骨格が完全に新しいし、足回りも改良されたので、120km/h以上の直進安定性とコーナーでのスタビリティや、ロールのなさに驚いた。

E-Fourのハイブリッドモデルは特に加速性が力強いし、後輪のグリップ力も意外に良い。ステアリングも正確だし、重さはちょうど良いぐらい。さらに、ブレーキフィールも力強く、乗り心地もワンランク上のクラスの穏やかさだった。

さて、新デザイン、新エンジン、新プラットフォーム、新駐車支援など、今回のヤリスはクラストップに立つけど、さらにもう一つエールを送りたいオプションがあった。6速MTだ。日本のカーメーカーのライナップからは、6速MT仕様はほとんど消えたが、新世代ヤリスのメニューには入っている。

ガソリンエンジンとの相性が良いし、シフトフィールもスムーズで楽しい。発進する時にクラッチペダルを踏むと多少回転数を上げてエンストしにくくする機能も付いているので、この6MTは実に扱いやすい。これだけサーキット走行をこなせると、やはりヤリスのワンメークレースも検討されていることだろう。

こんなに小さなクルマが、高齢化社会や自然災害まで考え、これだけ色々な場面に対応できる機能を完備していると、ライバル車が追いつくのは難しいだろう。これは世界戦略車にふさわしいモデルだ。

国際モータージャーナリスト、ピーター・ライオンが語るクルマの話
「ライオンのひと吠え」 過去記事はこちら>>

文=ピーター・ライオン

この著者の記事一覧へ

PICK UP

あなたにおすすめ

合わせて読みたい