Close RECOMMEND

I write about security and surveillance.

Getty Images

高速道路を走行中にパンクやエンジントラブルで車が立ち往生した場合、近い将来、レッカー車が現場に到着する前に、空からドローンがやってくることになりそうだ。

米ヒューストンのレッカー車派遣企業「360 Towing Solutions」は先日、10月からドローンを活用した車両のメンテナンスサービスを開始するとアナウンスした。詳細はまだ明かされていないが、同社はドローンを車両トラブルの現場に急行させ、写真や動画をコントロールセンターに送信するものとみられている。

360 Towingはレッカー車の会社であり、ドローンで取得したデータを基に、どのようなツールが現場で必要かを把握し、メンテナンスのプロが運転する車両を派遣するという。

「ドローンは今後の車両メンテナンス業界を革新するパワーを秘めている」と360 TowingのCEOはプレスリリースで述べた。同社は最も迅速でクオリティの高いメンテナンスサービスを提供するというゴールを掲げている。ドローンを活用した車両の検査により、電話よりも詳細なデータが入手できることは確実だ。

「当社の大胆なチャレンジは、競合企業と差別化を果たす上で大きな力になると信じている」と同社CEOはメディアの取材に応えた。サービスが開始されれば、さらなる注目を集めることが期待される。

編集=上田裕資

PICK UP

あなたにおすすめ

合わせて読みたい