世界38カ国、800万人が愛読する経済誌の日本版

高級車におけるモダンなデザインとは? そのスタイリングが示すものは?
電動化時代の新たな潮流を視野にいれながらも、変わらない洗練で魅せる。

McLAREN:速さと快適な操作性を兼ね備えた、 究極のスポーツカー


「機能美」という言葉がある。余分な装飾を排して無駄のない形態・構造を追求した結果、自然に表れる美しさ、ということなのだが、クルマの世界でこれにあてはまるのは、つまるところ F1カーということになるのだろう。 

そういう意味において、F1の名門コンストラクター「マクラーレン」が、ロードカー部門として2009年に設立した「マクラーレン・オートモーティブ」は、とても気になる存在だ。

そのマクラーレンが、17年末に同社のなかで最もスポーツ性の高い「アルティメットシリーズ」の最新作「マクラーレン・セナ」を世に送り出した。あの天才アイルトン・セナの名を冠したモデルなので、自信作に違いない。

ミッドシップに4.0リットルV型8気筒ツインターボエンジンを搭載し、最大出力800ps、最大トルク81.6kgmを発生。マクラーレンの市販車としては、史上最強のスペックであり、“音速の貴公子”の名に恥じぬものとなっている。

しかも、すべてのボディパネルをカーボンファイバー化。重さ1198kgは、マクラーレンの市販車では最軽量となった。最高のスペックに軽さが加わり、そのパワーウェイトレシオは 1.49kg/psとなっている。

そこに空力を最大限に考慮した、いかにも“速そう”なデザインが加味され、300km/h以上の世界が体感できる。「from follows function(フォルムは機能に従う)」、つまり機能美を体現したモデルなのである。


【毎日更新 Forbes CAR連載】

#3|流麗なフォルムを実現した、航空宇宙産業に由来する技術とは ベントレー コンチネンタルGT
#4|「音速の貴公子」 彼の名を冠した、史上最高スペックのマクラーレン アルティメットシリーズ
#5|未来のボンドカーは東京ー大阪間を駆け抜けるEV? アストンマーチン ラゴンダ・ビジョン・コンセプト
#6|いよいよEVブランドへ進化。居心地と使いやすさの両立を実現──ボルボ ポールスター1

文=福留亮二

VOL.3

流麗なフォルムを実現した、航空宇宙産業に由...

VOL.5

未来のボンドカーは東京ー大阪間を駆け抜けるE...

PICK UP

あなたにおすすめ

合わせて読みたい