Close RECOMMEND

PICK UP

世界38カ国、800万人が愛読する経済誌の日本版

ミュージシャン CHAI

双子のマナ(Vo, Key)とカナ(Vo, G)、リズム隊のユウキ(Ba, Cho)とユナ(Dr, Cho)の4人からなるバンド、CHAI(チャイ)。

2017年、アメリカ随一のエンターテインメント見本市であるSXSW(サウス・バイ・サウスウエスト)「Japan Nite」とソニー・ミュージック共催のオーディションでグランプリを受賞。翌年には「PINK」US盤をリリース、二度目のSXSW出演を含む全米ツアーを行い、日本だけでなく世界から注目を集める。

なぜコンプレックスを武器として、音楽で表現しようと思ったのか。そして彼女たちが今、性別や世代、国籍を問わず多くの人々から注目され、衝撃を与えながらも強く魅了する理由とは。「30 UNDER 30 JAPAN」選出に際し、話を聞いた。

メインカルチャーとしてずっと愛され続けたい

──どのような経緯でバンドを結成したのですか?

マナ:私とカナが双子の姉妹で、ユナとは高校の軽音楽部で知り合って、そのあと私が大学でユウキと出会って、「バンドやろうよ」って始めたの。最初はコンセプトとか特になくて、本当に適当に始まった。部活でバンドをやるのが楽しかったから、その延長線で。

──誰か特定のミュージシャンの影響はありましたか?

ユウキ:うーん、昔は洋楽とかぜんぜん触れたことがなくて、めっちゃ音楽に詳しい人から教えてもらっていろいろ知ったの。最初はベースメント・ジャックスに衝撃を受けて、「音楽ってこんなになんでもいけるんだ」って、世界が広がった!
 
マナ:自分たちで音楽を調べることはあんまりしないね。“掘る”とかできない! だから曲やアーティストを知っても、いつ頃にどこで生まれた人なのかとか、ぜんぜん知らないままのこともある。

ユナ:Shazamとかでしか調べないよね。

ユウキ:そうそう!H&Mとか行って気になる曲が流れていたら、すぐにShazamしちゃう。曲さえ知れればうれしいの。

──音楽を作るときに心がけていること、ポリシーなどはありますか?

マナ:曲を作るうえでのルールとかは全然ない。プライドとかもあんまりないから、「自分たちがどうしたいか」を優先して、思うままに作っちゃう。サビとかなくてもいいって思っちゃうし。

カナ:しいて言えば、「キャッチーである」ことは心がけているよね。キャッチーに、リズミカルに作るっていうのは常に念頭に置いている。自由だけど、絶対キャッチーにする。

ユウキ:でも、“キテレツで変なだけ”のものは作らない。サブカルでもない。一過性のものでもなく、メインカルチャーのエンターテインメントとして、みんなにずっと愛されたいからね。

文=鈴木 梢 写真=小田 駿一 プロップスタイリング=青木 静花(TRON)

記事が気に入ったら
いいね!しよう

LIKE @Forbesjapan

Forbesjapanを
フォローしよう

FOLLOW @Forbesjapan

あなたにおすすめ

合わせて読みたい