Close

PICK UP

As Mobile Economist at TUNE, I forecast and analyze trends affecting the mobile ecosystem.

seewhatmitchsee / Shutterstock.com

スマートスピーカーの利用人口が予想以上に拡大していることが明らかになった。調査企業「eMarketer」は5月29日公開の最新レポートで、米国のスマートスピーカー利用人口が2016年から2020年にかけて、年平均成長率47.9%を達成する見込みであると発表した。

利用人口は2016年には1600万人だったが、2020年には7650万人に到達するとeMarketerは予測している(同社は利用人口の定義を『月に最低1回以上、スマートスピーカーを使用する人』としている)。

さらに同社は、過去に1度でもスマートスピーカーを利用した経験を持つ米国人の数が2018年に、9100万人に達するとみている。これは米国の全人口の27.6%に相当する。

「米国におけるスマートスピーカーの利用人口は、前回公表したデータを上回っており、当社はその予測値を引き上げた」と同社は述べた。

ここで興味深いのはeMarketerが、この市場を2020年にかけてリードするのはアマゾンだと述べている点だ。つい数日前に調査企業「Canalys」は、現状のスマートスピーカーの出荷台数はグーグルがアマゾンを上回っているとのデータを公表していた。Canalysのデータは「直近の四半期の出荷台数」であり、eMarketerとは異なる指標ではあるが、これはかなり気になる数字といえる。

「2018年に米国で使用されるスマートスピーカー3分の2をアマゾンエコーが占めることになる」とeMarketerは述べている。市場の拡大を牽引しているのは「求めやすい価格だ」と同社は分析する。

「普及が進んだ背景には昨年末のホリデーシーズンに、グーグルが廉価版の『ホームミニ』を発売するなど、低価格化が進んだことがあげられる。それにより、消費者らの新たなテクノロジーに対する心理的バリアが取りのぞかれた。また、新規のプレイヤーらの参入も市場の拡大につながった」とeMarketerは解説する。

もう一つ注目すべきは、この市場がテクノロジー好きなアーリーアダプター以外に拡大している点だ。スマートスピーカーの主要な顧客層はファミリーや、40代の女性、子を持つ親たちになっているという。

グーグルとアマゾンが主要なポジションを抑えるなかで、アップルの「HomePod」がどこまで売上を伸ばせるかも気になるところだ。また、フェイスブックも独自のスマートスピーカーを計画中との噂もある。

さらにマイクロソフトがオーディオ機器メーカーの「ハーマン・カードン」との提携で生み出したコルタナ搭載のAIスピーカーの今後にも期待したいところだ。

編集=上田裕資

記事が気に入ったら
いいね!しよう

LIKE @Forbesjapan

Forbesjapanを
フォローしよう

FOLLOW @Forbesjapan

あなたにおすすめ

合わせて読みたい