Close

無料会員に新規登録すると、
3,000
円分のギフト券が当たる!

PICK UP

記事が気に入ったら
いいね!しよう

LIKE @Forbesjapan

Forbesjapanを
フォローしよう

FOLLOW @Forbesjapan

国際モータージャーナリスト「ライオンのひと吠え」

ジャガー、レンジローバー・ヴェラール

今、またジャガー・ランドローバーが熱い。今年の4月にジャガー・Fペースがワールド・カー・オブ・ザ・イヤー賞を獲得したばかりだけど、同社からまたアッと言わせるモデルが現れた。高級SUVのレンジローバー・ヴェラールだ。ラインナップで4つめの車種として登場したヴェラールは、Fペースと同じプラットフォームを採用している。

サイズとしては、ヴェラールはレンジローバー・イヴォークとレンジローバー・スポーツのちょうど中間。ロサンジェルス近郊で試乗したけど、実物は写真でみるよりずっとかっこいい。デザイナー、ジェリー・マクガヴァンのミニマリスト的なアプローチが冴えていて、新鮮で、清浄なスッキリとまとまった外観は、ますます拡大する高級SUVというセグメントに、大きな波を起こしている。表面がスムーズで、ボディが穏やかな角度で構成されているので、ヴェラールには落ち着いた雰囲気が漂っている。それでいながら、デザインはウルトラ・モダンだ。

レンジローバーのモデルを生産するランドローバー社(以下LR)は、この新しいデザイン言語を「リダクショニズム」、還元主義と呼んでいる。そして、その意味は車内に乗ってみると、すーっと腑に落ちる。横長のダッシュボードはシンプルでスタイリッシュ。LR社の新しいインフォテイメント・システム、タッチ・プロ・デュオを採用していて、高画質なグラフィックと機能性は共に、このセグメントでも真剣に先を行っていて感心させられる。2つある、10インチのタッチスクリーンは、美しくかつ賢い 。OFFの時、スクリーンはブラックでミニマリストらしい雰囲気だが、ONになると、パネルは生き返ったように解像度の高いディスプレーに、鮮明な映像を映し出す。



クリーム色の柔らかいレザーのシートに掛け、高級な素材に囲まれたミニマリスト的で、さりげない色気のある室内にいると、心が静まると同時に華やいで浮き立ってくる。そう、陰陽のバランスがとれた瞬間がやってくる気さえする。たとえるなら、禅の精神を理解した英国の貴族のようだ。

ボディのヒップラインが高く、シートが低く、ドライバーを第一に考えられているヴェラールは、これまでのどのレンジローバーよりも座位が低い。だから、これまでの見晴らしがいいポジションに慣れているドライバーは、眼の高さに差があって最初は奇異に感じられるかもしれない。そして、もしドライバーが僕のように188cm以上の身長の場合、後部席のスペースはちょっと狭く感じられて、特にヘッドルームが窮屈かもしれない。

ヴェラールのエンジンは2.0Lのディーゼルと3.0L V6が用意されている。でも、やっぱり試乗するなら、フラッグシップの「ファースト・エディション」380馬力を発揮する3.0L V6スーパーチャージに乗るしかない。8速オートマティックとの組み合わせで、このヴェラールは妥協を一切許さない走りを見せる。でも、丁寧に乗ろうと思えば、キャビンは他のどのレンジローバーのモデルよりも高い静粛性と、贅沢感、そして快適な乗り心地を供してくれる。

ステアリングもちょうどいい手応えで、車両の重さを感じさせない設定に驚く。今までのレンジローバーが好きな人なら、この最新ヴェラールのルックスや走りはたまらないだろう。

文=ピーター・ライオン

 

あなたにおすすめ

合わせて読みたい