Close

無料会員登録で3,000円分の
Amazonギフト券をプレゼント!

PICK UP

記事が気に入ったら
いいね!しよう

LIKE @Forbesjapan

Forbesjapanを
フォローしよう

FOLLOW @Forbesjapan

I write about family finance.

Apichart Poemchawalit / Gettyimages

米国の約2000人を対象に行われた調査の結果、ミレニアル世代(18~36歳)を中心に、家計の問題を抱える人が驚くほど多いことが分かった。この世代の49%が、突発的な出来事で500ドル(約5万6000円)が必要になった場合、それを用意することができないという。

また、ハリス世論調査が先ごろ発表したこの調査結果によれば、それ以上の年代の人たちでも3分の1程度が、500ドルを用意するのは難しいと回答したという。

予期せぬ事態が起きたときのための蓄えが「全くない」ことを認めた人の割合は、37歳以上の28%、ミレニアル世代の34%だった。さらに、緊急時用の備えとして蓄えてある金額が「8000ドル以上ある」という人は、37歳以上では36%だった一方、ミレニアル世代では15人だった。

さらに心配なことに、調査対象としたミレニアル世代の5分の1が、自分の家計が「ひどい状態」または「困窮している」と回答している。

ミレニアル世代は、必需品の購入にお金がかかりすぎると考えていることも分かった(支出の多い項目の1位)。ただ、外食にもお金を使い過ぎているようだ(同2位)。

支出が多い項目はそのほか、衣料品・電子機器など(3位)、交際・娯楽費(4位)となっている。

37歳以上の世代に限って見ると、支出が多い項目の上位は同じだった一方、3位と4位は住宅関連と医療費となった。

編集=木内涼子

 

あなたにおすすめ

SEE ALSO

YOU MAY ALSO LIKE