Close

無料会員登録で3,000円分の
Amazonギフト券をプレゼント!

PICK UP

記事が気に入ったら
いいね!しよう

LIKE @Forbesjapan

Forbesjapanを
フォローしよう

FOLLOW @Forbesjapan

I cover entrepreneurs and small business, with a focus on financing.

MariyaL / shutterstock.com

新興ブランド勢の躍進が目覚ましい米マットレス業界で、さらなる変革が起きようとしている。市場規模150億ドル(約1.6兆円)のマットレス市場は近年、オンライン販売を行うスタートアップの台頭によって転換期を迎えていた。

9月上旬、新興ブランドの一つであるリーサ・スリープ(Leesa Sleep)が、全米に80店舗余を展開するインテリアのセレクトショップ「ウエスト・エルム(West Elm)」での販売を開始した。

リーサは、小売大手ターゲットからの7500万ドル(約80.7億円)をはじめとする多額の資金調達で有名なキャスパー(Casper)や、パープル(Purple)などのライバル社に比べるとメディアの注目度はまだ高くないが、今年の売上1.5億ドル(約161億円)超を見込んでいる急成長中の会社だ。

リーサとウエスト・エルムには、社会貢献を重視する企業としての共通点がある。リーサは10台のマットレスが売れるごとに1台を寄付しており、これまで2万台近くを50以上のホームレスシェルターに提供してきた。

一方、上場企業ウィリアムズ・ソノマの傘下にあるウエスト・エルムは、環境や人権に配慮した商品展開で知られ、2017年時点で全体の20%を占めるフェアトレード製品の割合を2019年には40%に引き上げることを表明している。

バージニア州バージニア・ビーチに拠点を置くリーサは2014年、ダイレクトマーケティング業界のベテランであるウルフと、祖父の代からマットレス製造に携わるジェイミー・ディアモンスタインが創業。同社は今年6月、エコ家庭用品メーカーのセブンス・ジェネレーションのCEO、ジョン・レプルーグルの主導で2300万ドル(約24.8億円)を資金調達したばかりだ。

新たにリーサの会長に就任したレプルーグルは「リーサは真心と目的意識を持った企業です」と言う。

「年商1000億円」が必達課題

出資を受けたリーサは今後、マットレスに加えてプラットホーム型のベッドや枕を開発し、より多くの企業と提携することで5年以内に年商10億ドル(約1080億円)を目指す。

「それがレプルーグルから与えられた課題です。『(リーサに)参加するなら、5年後には(売上を)10億ドルにしたい』と言われました」とウルフは語る。同社はまた、ウエスト・エルムの店舗がある10の地域に合計1000台のマットレスを寄付する予定だ。

編集=海田恭子

 

あなたにおすすめ

SEE ALSO

YOU MAY ALSO LIKE