Close

無料会員登録で3,000円分の
Amazonギフト券をプレゼント!

PICK UP

記事が気に入ったら
いいね!しよう

LIKE @Forbesjapan

Forbesjapanを
フォローしよう

FOLLOW @Forbesjapan

.

1位の英オックスフォード大学(Photo by Oli Scarff/Getty Images)

昨年の世界大学ランキングでは、米国が初めてトップの座を失った。そして今年も再び、米名門校がオックスフォードとケンブリッジの後塵を拝す結果となった。

だが、英国の成功は長く続かないかもしれない。英国の欧州連合(EU)離脱、通称「ブレグジット」によって高等教育機関の研究予算は大打撃を受ける恐れがあり、高等教育界でのリーダーとしての英国の地位が脅かされている。

英教育専門誌タイムズ・ハイヤー・エデュケーションが5日に発表した世界大学ランキングでは、昨年初めて1位となったオックスフォード大学が今年も首位を保持した。昨年は、同ランキングの13年間の歴史で初めて米国以外の大学が1位となった年だった。

今年の2位は、オックスフォードの長年のライバルであるケンブリッジ大学で、昨年の4位から順位を上げた。米国の大学が上位2校に入らなかったのは同ランキング史上初めて。

その代わり、米大学2校が3位タイとなった。カリフォルニア工科大学とスタンフォード大学で、昨年の順位はそれぞれ2位と3位だった。

オックスフォードとケンブリッジが1位と2位になった理由の一つは、収入の増加だ。オックスフォードは24%、ケンブリッジは11%の増収となった一方、カリフォルニア工科大の収入は23%減、スタンフォードの収入は24%減となった。

しかし、EUからの研究資金の割合はケンブリッジで4分の1、オックスフォードでは5分の1に上り、英国のEU離脱後はこの資金源が干上がる可能性がある。英国の大学では今年、EUからの出願者数が学士課程ですでに5%減少しており、収入と専門性の両面で多大な損失を生んでいる。

今年のランキングではまた、極東の大学が引き続き台頭。シンガポール国立大学は22位で、欧米以外の地域でトップに立った。また、中国を代表する北京大学と清華大学は、オーストラリアとドイツの名門校であるメルボルン大学とルートビヒ・マクシミリアン大学ミュンヘン校を抜いた。

今年の世界大学ランキング上位校は以下の通り。(かっこ内は去年の順位)

1位(1) オックスフォード大学(英国)
2位(4) ケンブリッジ大学(英国)
3位(2) カリフォルニア工科大学(米国)
3位(3) スタンフォード大学(米国)
5位(5) マサチューセッツ工科大学(米国)
6位(6) ハーバード大学(米国)
7位(7) プリンストン大学(米国)
8位(8) インペリアル・カレッジ・ロンドン(英国)
9位(10) シカゴ大学(米国)
10位(9) チューリヒ工科大学(スイス)
10位(13) ペンシルベニア大学(米国)

編集=遠藤宗生

 

あなたにおすすめ

SEE ALSO

YOU MAY ALSO LIKE