Close

無料会員登録で3,000円分の
Amazonギフト券をプレゼント!

PICK UP

記事が気に入ったら
いいね!しよう

LIKE @Forbesjapan

Forbesjapanを
フォローしよう

FOLLOW @Forbesjapan

I use graphs and charts to tell stories, jokes, and truths.

graphbottles / Shutterstock.com

「申し訳ありません。ですが…」──そう前置きすることは、今後のあなたの運命を悪い方へと向かわせる。何も間違いを犯していないときにわびることは、あなたを弱い人、簡単にクビにできる人のように見せるし、礼儀正しいことでもない。

それでも謝りたいなら、それでもいいだろう。ただし、以下に挙げる10の事柄については、絶対にわびる必要はない。

1. 存在感があること
さまざまな意味で、私たちは3次元の存在だ。

2. 何でも知っているわけでないこと
本当に何でも見通せる能力があるなら、宝くじで大金を当てて使っているはずだ。

3. 人間らしくいること
私たちには生物としての機能があり、食事も睡眠も必要だ。だが、これは私たちに手がかかるということではなく、私たちが生きているということだ。

4. 誰かをおびえさせるほど才能があること
(たとえ「ほんの少しの」でも)誰かの嫉妬心に気づくことがあるだろうか?あるならそれで十分だ。

5. 流行に乗らないこと
ブランドが主張する相乗効果のマトリックス(あるいはスライドショーが売り込もうとするもの)が人生を変えるような魔法だとは思えないなら、きっとあなたは自分で思う以上に、物事がよく分かっている人だ。

6. 絶対時間・絶対空間の概念にとらわれていること
同じ時刻に3つの場所にいる必要がある?そんなことは実現不可能だ。

7. 自分にできる以上の手助けをしないこと
「自分が飲むコーヒーは自分で入れなさい!」と伝えること。

8. 月並みなことに感動しないこと
誰かが実行して称賛を受けたことは、他の人もまねる。同じことばかりし続けてもらいたくないのに、褒め続ける必要はない。

9. 自分の直感を信じること
暗くて気味の悪い道を進んで行く必要はないし、“捕食動物”がいる密室会議に参加する必要はない。

10. 大切に思う人たちのために立ち上がること
正しいことをしたのにわびている人たちがいることには、もう「うんざり」のはずだ。

編集=木内涼子

 

あなたにおすすめ

SEE ALSO

YOU MAY ALSO LIKE