Close

無料会員登録で3,000円分の
Amazonギフト券をプレゼント!

PICK UP

記事が気に入ったら
いいね!しよう

LIKE @Forbesjapan

Forbesjapanを
フォローしよう

FOLLOW @Forbesjapan

消費経済:小売業とそれを改革する人々について執筆

Syda Productions / Shutterstock.com

大学生を中心とした若い世代に特化した求人プラットフォームのWayUpが1850万ドル(約21億円)のシリーズB資金調達を行った。女性CEOのLiz Wesselが率いる同社としては、これまでで最大の資金調達の一つになった。

ニューヨーク本拠のWayUpはこれまでに累計2750万ドルの資金を調達している。同社の事業は現役大学生らをインターンシップや求人募集と結びつけるところから始まり、今では利用者の15%が卒業生で、二回目や三回目の転職にWayUpを用いるケースも増えている。

「利用者の動向を見ていると、ユーザーは卒業後もWayUpの求人募集をチェックしコンテンツを読み、プロフィールを更新している」と2016年のフォーブスの「30アンダー30」に共同創業者のJJ Fliegelmanと共に選出されたWesselは述べた。

WayUpでは今や30万社の企業らが、350万人の求職者データにアクセスしており、利用企業にはフェイスブックやアドビ、スターバックス等の大手も含まれる。当初は新卒採用のツールとして利用を開始した企業らは、今では経験者の採用にもWayUpを用いている。

WayUpには毎週3万人の学生がサインアップし、その多くが90年代以降に生まれたミレニアルやジェネレーションZ世代だが、年齢よりも「経験」をベースとした採用が可能な点が、WayUpの利点と言える。

「当社のプラットフォームでは65歳の新入社員の採用も可能だ」とWesselは言う。WayUpは直近の決算で前年比640%増の売上の伸びを報告した。

今回のシリーズB資金調達はトリニティ・ベンチャーズがリードし、既存の出資元も参加した。既存の出資元は次の企業らだ。General Catalyst、BoxGroup、 Lerer-Hippeau Ventures、Index Ventures、SV Angel、Female Founders Fund, Axel Springer、CAA Ventures、OurCrowd。

編集=上田裕資

 

あなたにおすすめ

SEE ALSO

YOU MAY ALSO LIKE