Close

無料会員登録で3,000円分の
Amazonギフト券をプレゼント!

PICK UP

記事が気に入ったら
いいね!しよう

LIKE @Forbesjapan

Forbesjapanを
フォローしよう

FOLLOW @Forbesjapan

News and opinion about video games, technology and the internet

photo by Drew Angerer / gettyimages

現在は米国など一部の国限定で公開され、ヒットしている「ポケモンGO」。開発元のNiantic社や任天堂は正式な数値を明かしていないが、関係者の間ではその成功ぶりを予測する数値が飛び交っている。

マーケット調査企業、Sensor Towerから筆者が得た情報によると、7月7日の公開以降、ポケモンGOは米国のみで少なくとも750万ダウンロード(iOSとGoogle Playの値)を達成。一日あたりの売上はiOSだけで160万ドル(約1億6,000万円)に達しているという。しかも、この数値は日を追うごとに上昇中だ。

米国で750万ダウンロード突破

ポケモンGOは無料で遊べるゲームだが、課金要素も盛り込まれている。どう遊ぶかはユーザーの自由だが、まずは周囲を歩き回ることからスタートする。ゲームを有利に進めるアイテムとして卵の「ふかそうち」や「ルアーアイテム」、経験値を2倍に上げるアイテム等が用意されており、それらを購入するためのコインを課金して入手できる。

冒頭に挙げた数値は米国内のみのものであり、しかもiOSストアのみの数値だ。グローバル配信が開始されれば、ポケモンGOの売上がどの程度に達するのかは想像もつかない。任天堂やNiantic社には途方も無い利益をもたらし、それは任天堂のコアビジネスにも変化をもたらすのかもしれない。

任天堂はこれまでハンドヘルド・ハードウェアの領域で独自のポジションを築き、モバイル領域への進出に極めて慎重なスタンスをとっていた。今年3月に初のモバイルアプリ「Miitomo」をリリースしたが、大成功とは言えなかった。今回のポケモンGOでようやく、現実世界とバーチャル世界の融合というテーマに切込み、世界的ムーブメントを呼び起こそうとしている。

ポケモンGOの成功は任天堂がかつてWiiを世に送り出し、それに続いてソニーがPlayStation Moveを、さらにマイクロソフトがKinectを発表したように、様々なフォロワーを生むかもしれない。

編集=上田裕資

 

あなたにおすすめ

SEE ALSO

YOU MAY ALSO LIKE