Close

Forbes JAPAN 会員登録で
3,000円分のギフト券が当たる!

PICK UP

記事が気に入ったら
いいね!しよう

LIKE @Forbesjapan

Forbesjapanを
フォローしよう

FOLLOW @Forbesjapan

As a policy analyst at Cato, I research tech and regulation.

「セラノス」創業者のエリザベス・ホームズ(Photo by Lisa Lake/Getty Images)

フォーブスが昨年発表した「アメリカで最も成功した女性」(America’s Richest Self-Made Women)で1位を飾ったのは、医療ベンチャー「セラノス」創業者のエリザベス・ホームズだった。その資産額は推定45億ドル(約5,000億円)とされた。しかし、フォーブスは今年のホームズの資産額をゼロと推計し、最新のリストからは除外した。これに対し、セラノスは今のところ何もコメントしていない。

ホームズは血液検査に革命をもたらすことを目的に、2003年にセラノスを創業した。彼女は同社の株式を50%保有しているが、フォーブスはこの未公開株式を彼女の全資産として資産額を推計した。2014年には、セラノスの評価額は90億ドル(約1兆円)に達したが、その後同社の検査の信頼性に疑念が高まり、様々な政府機関が調査に乗り出した。

さらに、セラノスの年商は1億ドル(約110億円)に達していないことがフォーブスの調査で明らかになった。フォーブスは、こうした状況を踏まえ、セラノスの評価額を大幅に引き下げた。

無一文になるかもしれないホームズ

フォーブスは、ベンチャーキャピタリストやアナリスト、業界専門家などにヒアリングを行った結果、セラノスの正当な評価額を8億ドル(約890億円)と推計した。調査会社VC Expertsは、同社が所有する知的財産や、これまでに調達した7億2,400万ドルを考慮しても、8億ドルは妥当な金額だとしている。これだけ引き下げても、同社の売上規模からするとまだ割高な評価と言えるかもしれない。

評価額が大幅に下落したことで、ホームズの資産は実質的に無価値になった。セラノスの投資家は優先株を保有しており、普通株を保有するホームズよりも財産を優先的に受け取ることができる。VC Expertsによると、投資家らは参加型の優先株を保有しており、残余財産の分配においてホームズよりも有利な設計になっているという。

フォーブスは、セラノスが清算するという情報はまだ得ていないが、仮にそのような事態になった場合、投資家の方がホームズよりも優先的に、より多くの金額を受け取ることになるため、彼女の手元には何も残らないというわけだ。

ホームズが既存株主から8億ドルよりも高い評価額で追加資金を調達することも可能ではあるが、その実現性は低いだろう。フォーブスがセラノスの評価額を引き下げた3つの理由を以下に記す。

編集=上田裕資

 

あなたにおすすめ

合わせて読みたい