PICK UP

記事が気に入ったら
いいね!しよう

LIKE @Forbesjapan

Forbesjapanを
フォローしよう

FOLLOW @Forbesjapan

I follow technology, media and telecoms companies in China.

ワンダグループ会長の王健林(Joe Scarnici / Getty Images)

中国の不動産大手ワンダグループ(大連万達集団)は、巨額の資金を投じて国内外でテーマパークを建設し、ディズニーに対抗しようとしている。中国内陸部の江西省で数十億ドルをかけた施設が近くオープンし、南部の景勝地、桂林での大型リゾート開発計画も先日発表された。さらにワンダは2月に、パリ郊外に33億ドル(約3,600億円)を投資して海外で最初のテーマパークを建設する計画も発表している。

上海には来月中旬、55億ドル(約6,000億円)を投じた上海ディズニーランドがオープンする。現地ではこの数週間、ディズニーの話題一色で、中国最初のディズニーランドを外から見るだけのために、100万人近くの人が各地から押し寄せている。

ディズニーが世界6か所にディズニーランドを建設するのに数十年を要したのに対し、ワンダの建設ペースは拙速とも言える勢いだ。中国一の富豪で同グループ会長のワン・ジエンリン(王健林)が建設した大型テーマパークは、経済が発展しているとは言えない江西省の施設も含め、すでに6か所になる。

ワンダは各地に数十億ドルを注ぎ娯楽施設を建設

ワンダは先週、水墨画のような山と川の風景で世界的に有名な桂林で、複合リゾート施設の建設に着工したと発表した。ワンは26億ドル(約2,800億円)を投じ、五つ星と六つ星のホテルや海浜公園、テーマパークを建設する構想を描いている。リゾートは2020年の開業を予定しており、2,000万人という初年度来場者数目標をぶちあげた。

ワンダは2月には、仏小売り大手オーシャングループのイモシャンと共同で、30億ユーロ(約3,700億円)を投じて、パリの北東10キロ先に海外初となるテーマパークを建設すると発表した。ワンは狂気じみた勢いで、未知の場所に向かっている。

ワンダの公式サイトによると、同社は中国で11のテーマパークを運営しており、累計投資額は150億ドル(約1兆6,000億円)以上と推定できる。ほとんどのテーマパークは風光明媚な小さな都市にある。

編集=上田裕資

 

あなたにおすすめ

SEE ALSO

YOU MAY ALSO LIKE