Close

無料会員登録で3,000円分の
Amazonギフト券をプレゼント!

PICK UP

記事が気に入ったら
いいね!しよう

LIKE @Forbesjapan

Forbesjapanを
フォローしよう

FOLLOW @Forbesjapan

金融市場に関する記事を中心に執筆

メキシコ料理チェーンのチポトレ (Northfoto / shutterstock)

11月20日午後、米国疾病管理センター(CDC)はメキシコ料理チェーンのチポトレで発生した大腸菌による食中毒の感染者が、新たに3つの州で確認されたと発表した。これを受け、同社の株価は急落した。

これまでに感染が確認されたのは、ワシントン州、オレゴン州、カリフォルニア州、ミネソタ州、ニューヨーク州、オハイオ州の6つの州の店舗。感染者は合わせて45名となった。そのうち43名が、発病した前の週にチポトレで食事をしたと報告している。

「これまでに行われた疫学調査の結果、今回の食中毒はチポトレで提供された特定のメニューまたは食材が原因のようだ」とCDCは20日、同サイトで報告した。これまでに16人が入院したが、死者は出ていない。

チポトレ株は11月20日午後には9%下落し、1株当たり556ドル(約6万8,000円)となり、翌週月曜日の23日朝には532ドルまで下落した。今回の食中毒が最初に報じられたのは10月。場所はシアトルとポートランド地域だった。保健当局が感染の疑いがあるとしたレストランは11店舗だったが、同社は同地域にある43店舗すべての営業を一時的に自粛した。これらの店舗は先週になって営業を再開している。

「この度の騒動により、ご迷惑をお掛けしたことをお詫び申し上げます。弊社は今後、食の安全に関しいかなる向上の機会も逃さず、これまで以上に徹底して取り組むことを最優先事項と致します」とチポトレの共同CEO、Steve Ellsは当時述べていた。

チポトレはファストフードとファミリーレストランの中間の新業態「ファストカジュアル」を代表する企業として注目の存在。高級バーガーの「シェイク・シャック」等と並んで、この分野をリードしている。

翻訳編集=上田裕資

 

あなたにおすすめ

SEE ALSO

YOU MAY ALSO LIKE