CONTRIBUTOR

Lee Mathews

Observing, pondering, and writing about tech. Generally in that order.

Lee started writing about software, hardware, and geek culture around the time that the Red Wings last won the Stanley Cup. The two aren't related in any way, however. When he's not catching up on tech news or blogging about it, you can find him watching or playing baseball and doing his part to ensure the next generation of geeks is raised properly.

  • 爆発的増加の「身代金ウイルス」 昨年は6億件以上の被害発生

    「身代金要求型ウイルス」(ランサムウェア)は、サイバー犯罪者にとって金のなる木だ。このウイルスに感染すると、ファイルが勝手に暗号化されて「身代金」を要求される。数年前の誕生以来、ランサムウェアの被害は猛烈な勢いで拡大している。セキュリティ企業「SonicWall」の最新レポートによると、ランサムウェ ...

  • 究極のプライバシー保護手段「VPN」に関する基本的知識

    匿名化されたWebサイトの閲覧履歴から、個人を簡単に特定できることが最新の研究で明らかになっている。プライバシー保護を強化するためには「トーア(TOR)」というツールやVPNを利用することが望ましい。今回は、VPNについて説明をしたい。VPNは「Virtual Private Network」の略で ...

  • 「匿名ブラウザ履歴」でも個人特定が可能 米大学の最新調査

    あなたがブラウザを介してWebサイトを閲覧した場合、その履歴はサードパーティにより記録されている。広告主やコンテンツ提供者は、この閲覧履歴を利用して追跡型広告を配信したり、あなたの興味に関連した動画や記事を表示している。ユーザーのプライバシーを保護するため、閲覧履歴は匿名化されている。しかし、プリン ...

  • クロームを狙う「身代金ウイルス」 偽のフォント情報に注意を

    グーグルのクロームユーザーに注意勧告だ。「フォントが見つかりません」というニセの警告を発し、身代金型ウイルスに感染させる攻撃の発生が報告された。サイバー犯罪者たちが偽のアップデート情報を表示し、悪質ソフトをインストールさせる事例は、過去にアドビのフラッシュのプラグインやJava、動画のコーデックでも ...

  • パソコンを盗聴器に変えるウイルス ウクライナから拡散中

    パソコンに侵入しデータを盗みとるマルウェアは数多いが、研究チームはさらに進化したウイルスを発見した。それは、システムに忍び込んだウイルスが、勝手にパソコンのマイクをONにして盗聴を行うというものだ。企業向けセキュリティを手がけるCyberXは先日「Operation BugDrop」と呼ばれる脅威に ...

  • 自動販売機やLED電球らが一斉に「ネットワーク攻撃」の珍事

    IoTデバイスはサイバー犯罪者が好んで用いる武器になりつつある。近年は膨大な数のデバイスがインターネットにつながっているが、一般的にセキュリティのレベルは低く、格好のターゲットになりやすい。巨大なボットネット(マルウェアに感染したデバイスの集まり)によって大きな被害が発生することもあるが、小さなボッ ...

  • ネット検閲を通知するアプリ 「自由を推進する団体」が開発

    ここ数年でTor(トーア)プロジェクトの名前をニュースで見聞きする機会が増えている。Torのミッションは「無償でオープンな匿名化技術を開発し、人権の保護と人々の自由を推進すること」だ。そのTorプロジェクトが生んだソフトウェアの一つにOONIがある。OONIを使うとユーザーは自分のオンライン活動が監 ...

  • 世界15万台のプリンターを不正操作した「高校生ハッカー」の警告

    先日、世界中で15万台ものプリンターがハッキングされる事態が発生した。ハッカーに乗っ取られたプリンターからは「最悪の事態が生じる前に対策を取るべきだ」という警告とロボットのアスキーアートが勝手に印刷されて出てきたという。被害に遭ったプリンターは、ネットワークやプリンターの設定に問題があったと考えられ ...

  • グーグルの「バグ発見コンテスト」 賞金総額が3億円突破

    テクノロジー企業にとって複雑なソフトウェアからバグを追放するのは非常に重大な任務だ。近年は多くの企業らが懸賞金を用意してバグ発見コンテストを開催し、ハッカーたちに参加を呼びかけている。グーグルも同様の試みを行っており、昨年の懸賞金支払額は総額で300万ドル(約3億4,000万円)を突破したことが明ら ...

  • 最強のプライバシー保護ソフト「トーア」に関する基本的知識

    ネットのプライバシーを守る上で最強のツールとされるのがトーア(TOR)だ。1月28日にはネット上のデータ保護向上を訴える、データ・プライバシー・デイのイベントが世界各地で開催されたばかりだが、この機会にトーアについて学んでみよう。トーアはネット上のプライバシーとセキュリティの向上を目的に作られたソフ ...

  • 「盗撮サイト」18万人の個人情報流出 政府関係者の性癖も

    女性のスカートの中を盗み撮りした映像など、「盗撮動画専門サイト」として有名な「The Candid Board」から大規模な個人情報流出が起こった。報道によると約18万名分のメールアドレスや生年月日、ログイン時のIPアドレス、さらにサイトでの「獲得ポイント数」が公開されてしまった。獲得ポイントとは、 ...

  • アンドロイドの「パターンロック」は最悪の安全性という研究結果

    スマホの画面をロックするのに「1234」や「0000」といった簡単すぎるパスワードを使うのは得策ではない。アンドロイド端末ではパスワード以外に「パターンロック」認証も多く使われるが、このパターンロック認証は思ったよりも簡単に突破可能なことが明らかになった。研究チームによると、わずか5回のトライでパタ ...

  • 史上最も洗練された「身代金ウィルス」Sporaの恐るべき機能性

    セキュリティ企業のEmsisoftは「史上最も洗練度の高いランサムウェア(身代金要求型ウィルス)を発見した」と報告している。まるでオンラインストアのようにデザインされたインターフェイスを持つこのウィルスの名前はSporaという。Sporaの基本的動作は従来の身代金要求型ウィルスと同様で、感染したPC ...

  • ハリウッドセレブら130名のヌード等、奪取のハッカー 禁固5年に

    バハマ在住のアロンゾ・ノウルズ(24)は昨年12月、不正な手段で得た19の台本を7万5,000ドル(約853万円)で販売しようとした。しかし、買い手の正体はおとり捜査官で、彼は禁固5年の判決を受けた。ノウルズは少なくともセレブとその友人たち130人のEメールアカウントとコンピュータに不正にアクセスし ...

  • Siriを活用しiPhoneから個人情報を盗む手口が話題に

    スマホのユーザーにとって何よりも困るのは、端末が誰かの手に渡り、内部に保存したブラウザの閲覧履歴や写真、メールアドレスや電話番号等の個人情報を盗まれてしまう事だ。そのために、パスワードや指紋認証で端末をロックする仕組みがある。しかし、iPhoneユーザーにとって重大なセキュリティ懸念が浮上した。悪意 ...

  • ザッカーバーグがハッキング被害 今年3度目、プロフィールが改ざん

    マーク・ザッカーバーグが今年3回目のハッキング被害に遭った。ハッカー集団のOurMineが犯行声明を出している。今回の標的になったのはザッカーバーグのピンタレストのアカウントだ。OurMineは今年6月にもザッカーバーグのアカウントを攻撃し、ツイッターとピンタレストのアカウントへの侵入に成功していた ...

  • フェイスブックは流出パスワードを業者から購入している?

    ウェブサイトから流出したアカウント情報を、フェイスブックが闇業者から買っていると聞いたら、あなたはどう思うだろうか。フェイスブックでセキュリティ主任を務めるアレックス・ステイモスは先週、リスボンで開催されたWeb Summitで、同社が17億9,000万人のユーザーの安全を確保するため、流出パスワー ...

  • 4億件のアダルトサイト会員情報が流出 日本人も被害の可能性

    2016年最大の個人情報流出事故が確認された。アダルトサイトを運営するAdultFriendFinderのサーバが10月、ハッキング被害に遭い、合計で4億1,200万件以上のアカウントからメールアドレスやパスワード、その他の情報が流出している。情報サイトLeakedSourceによると、そのうち3億 ...