CONTRIBUTOR

Curtis Silver

Applying the dark arts of satire, cynicism & humor to consumer tech.

As a writer, I have contributed to Wired.com, Digiday.com, GeekDad.com and many other outlets on the subjects of technology, psychology & entertainment. Additionally I am a seasoned business and marketing analyst. This, along with my abstract humor has molded how I assess and address current and future technology. I believe that someday technology will rise up and destroy us all. Until then, let's at least try to enjoy it. I can be found cracking wise on Twitter @cebsilver or if you look deep into the gleaming metallic side of your classic hipster toaster, you may just catch a glimpse as I steal your breakfast. Chaotic neutral.

  • フェイスブック、MTV幹部を引き抜き オリジナル番組制作へ

    MTVで番組編成部長を務めたMina Lefevreは2月9日、自身のフェイスブックの投稿で、MTVを離れ、フェイスブックのコンテンツ部門長に就任することを明らかにした。投稿で彼女は「フェイスブックのオリジナルコンテンツ制作に関わることは、長年の夢だった」と述べている。フェイスブックのマーク・ザッカ ...

  • スナップチャット「メガネの自動販売機」 間もなくNYに登場か

    スナップチャット(以下、正式社名Snap)はメガネ型デバイス「Spectacles」の販売を11月10日から開始した。価格130ドルのSpectaclesは、10秒間の一人称視点の動画を撮影し、スナップチャットに転送可能なデバイス。同社はその販売を実に奇妙なマーケティング手法で行なおうとしている。そ ...

  • 盛り上がる熟年ゲーマー市場 「Apple II」対応コントローラが話題に

    レトロゲームは熱烈的ファンが多くいるビッグビジネスだ。アナログ(Analogue)や8bitdoなどのゲーム機器メーカーは、熟年ゲーマーたちが懐かしのゲームを楽しめるよう、ゲーム機器を現代風にアレンジして提供している。例えば、8bitdo はNES(海外版ファミコン)とSNES(海外版スーパーファミ ...

  • 「ターミネーター」の世界が現実に? 米軍が想定するロボット兵器の未来

    ペンタゴンはターミネーターの開発に乗り出そうとしているのかもしれない。最近アメリカ国防総省で行われたイベントに登壇した米統合参謀本部副議長のポール・セルバ空軍大将は、「将来的にターミネーターが兵器として使用される可能性が十分あり得る」という考えを示した。「映画に登場するような良心を持ったものではなく ...

  • 水深5mで使える史上最もタフなスマホ「CAT S60」 米国人記者が絶賛

    筆者がこれまで購入した携帯電話の中で、建設機器メーカーのキャタピラー社が開発した「CAT S60」ほど待ち焦がれた端末は無い。筆者はアップルファンではないので、最新のiPhoneに興奮したことは一度もなく、アンドロイド端末はどれも同じに見える。堅牢な作りのCAT S60を手に取ると他の携帯電話が貧弱 ...

  • 死亡事故発生でも続くテスラの挑戦  自動運転距離は累計3億キロを突破

    テスラは素晴らしい会社だ。電気自動車の世界を変革し、今や運転そのもののあり方を大きく変えようとしている。また、同社は、偉大な発明をするためには、失敗を乗り越えて改良を重ねることが重要であることも熟知している。テスラが自動運転機能を搭載した「モデルS」をリリースして間もなく、オートパイロット・モードで ...

  • 加熱するレトロゲーム市場 任天堂の強敵「アナログNTミニ」が来年発売

    「レトロゲーム」は熱烈なファンが多くいるビッグビジネスだ。ゲーム技術が飛躍的な進歩を遂げる一方で、昔懐かしいゲームにノスタルジーを感じる往年のゲーマーは多い。レトロゲームは今、爆発的な盛り上がりを見せている。こうした人気に拍車を掛けようとしているのが、アナログ・インタラクティブ(Analogue I ...

  • 人工知能とのセックスを実現するリアルドール社 来年にも初号機を発売予定

    1993年公開の映画「デモリションマン」の中で、スパルタン刑事(シルヴェスター・スタローン)が、ハックスリー警部補(サンドラ・ブロック)からセックスの誘いを受けるシーンがある。数十年もの間冷凍刑に処せられていたスパルタンは、それが「テレディルドニクス」(遠隔操作の性具)というヘッドセットを装着したバ ...

  • 対アマゾンで苦戦の米家電販売老舗、ベストバイの必死の生き残り策

    店舗数が1,000店を超える米国最大の家電量販チェーン、ベストバイは1966年にミネソタ州セントポールで誕生した。当時はラジオシャックが家電量業界の最大手で、Hi-Fiオーディオが人気製品だった。それから半世紀が経ち、業界の勢力図は大きく変貌を遂げた。ベストバイは8月18日に創業50周年記念セールを ...

  • VRとARの最新技術が集結の「VRLAエキスポ」、スマホ活用の技術が続々登場

    世界最大規模のVR(仮想現実)とAR(拡張現実)のイベント「VRLA サマーエキスポ 2016」が8月5、6日、米ロサンゼルスで開催され、来場者数は6,000人を超えた。VR業界をリードする企業たちが最新の技術を披露しイベントは大いに盛り上がった。「VRの盛り上がりにはとても興奮している。ゲームやエ ...

  • 変貌自在の「セル型ロボット」CellRobot クラウドファンディングで資金調達開始

    テック系ガジェットの分野では、その使用用途が明確でない製品が登場することも珍しくない。その一例として挙げられるのがCellRobotで、便利なガジェットあるいは教育的なおもちゃだと開発者は主張している。8月16日からクラウドファンディングのKickstarterでキャンペーンを開始したCellRob ...

  • ウェブの違法薬物販売、過去3倍に急増 ビットコイン決済も普及

    ギリシャ神話に登場するヒドラは、首を切ると新たに2本の首が生えてくる怪物だ。違法ドラッグを販売する闇サイトは、まさにヒドラのように1つを摘発しても別のサイトが続々と立ち上がり、禁止薬物のまん延に歯止めがかかっていないアメリカ連邦捜査局(FBI)は2013年に大手の闇サイト「シルクロード」を閉鎖に追い ...

  • 世界で最も危険なWiFiスポットはリオ五輪 「ハッカーの祭典」状態に

    オリンピック開催中のリオデジャネイロの街は盛り上がりを見せる一方、厳重な警備体制が敷かれている。観戦者たちの個人情報を狙うハッキングも多発しており、リオはハッカーたちの祭典とでもいうべき状況だ。リオ五輪を観戦しに行く人は、生水を飲まないことと、WiFiを使わないことを心掛けてほしい。複数のセキュリテ ...

  • 「プライバシー放棄」でネットが激安に? 米コムキャストの新プランが物議

    ブラウザの閲覧情報を提供する代わりにインターネットの接続料が安くなるサービスがあったら、あなたなら申し込むだろうか。これはISP事業も行なう米大手ケーブル会社コムキャストが導入を計画しているサービスだ。広告主に閲覧情報を提供すればインターネット接続料が安くなるということは、裏を返せば自らのプライバシ ...

  • トランプ政権下で「伸びる業界」5選 アップルには壊滅的打撃

    数週間前にヒラリー・クリントンが公表したテクノロジー分野の政策方針は、ややありふれたものではあったが、総じて期待を抱かせる内容だった。STEM分野(科学、技術、工学、数学)の教育の重視、情報の自由、セキュリティ対策、政府による情報公開など、重要課題を網羅していただけでなく、未来への提言も含まれていた ...

  • ポケモンGO「捕獲ツアー」が大盛況 配車アプリ連携で全米に拡大へ

    ポケモンGOは新たな周辺ビジネスを次々と生んでいる。中でも最新の注目株は配車アプリを用いたポケモン捕獲ツアーだろう。これは、ガイドが車で町中のポケストップやジム、レアなポケモンが目撃された場所などを案内するサービス。熱狂するユーザーたちは喜んで料金を支払うだろう。ガイド付きツアーは昔からあるが、AR ...

  • アメリカの子供はなぜスナップチャットにハマる? 米国おっさん記者が解説

    最先端のSNSを使いこなしていると自負する大人は、ティーンエイジャーの流行を追いかけているだけなのかもしれない。スナップチャットを利用する大人の数が急増しているのが良い例だ。10代のユーザーたちは、自分の両親がスナップチャットを使い始めたら興ざめするに違いない。かく言う筆者も、先日スナップチャットを ...

  • ポケモンGOで恋人ゲットだぜ! 人気便乗の出会い系アプリ登場

    「ポケモンGO」が配信されるや否や、世界中のアプリ開発者が脳をフル回転し始めた。すでに登場した「便乗アプリ」の中には、「ルアー(おとり)」と呼ばれるゲーム内アイテムを利用して店の集客につなげるとうたうものや、ポケモンが出現する場所をマップ上に表示するものもある。アプリ開発者でない人からは、こんなジョ ...

  • フェイスブック「知り合いかも」機能に疑惑浮上、ストーカー被害の懸念も

    フェイスブックが「知り合いかも」機能にユーザーの位置情報を使用していると報じられ、物議を醸している。これが事実なら非常に気味の悪い話だ。今回の件を報じたFusion.netによると、フェイスブックの広報担当は当初「位置情報だけでは友達なのか判断できないため、あくまで一つの情報源として使用しているに過 ...

  • QRコードでアップルに対抗、顧客を囲い込むウォルマートのデジタル決済

    アメリカ人の多くは、ウォルマートに対して好きになりきれない屈折した思いを抱いている。品揃えが豊富で価格も安い一方、混雑したレジではいつも待たされる––。そんな中、同社がより快適な買い物体験を提供するために導入するのがデジタル決済だ。ウォルマートはスマートフォン決済システム「ウ ...