• クアルコムが台湾でも独禁法違反 株価は年初から17%の下落に

    Aaron Tilley , Forbes Staff

    クアルコムにまた新たな頭痛の種がもたらされた。10月11日、台湾の公正取引委員会は米サンディエゴ本拠のクアルコムに対し、独占禁止法違反の罪で7億7300万ドル(約870億円)の支払いを求めると発表した。台湾当局のリリース資料によると、クアルコムは過去7年間にわたり特許技術のライセンス提供において顧客 ...

  • 米国の「ヘルステック」を開花させた3つのカギ

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    医師・池野文昭は日米の医療当局からアドバイスを求められる。自らベンチャーキャピタルを設立し、医療機器イノベーションに尽力する彼が語る「ニーズ」とは。予防と治療のどちらにカネを使うか? これが、日米の病気に対する考え方の違いです。例えば、日本で虫歯になると、歯医者に行けば保険診療で治療してもらえます。 ...

  • 世界初の折り畳みスマホ「Galaxy X」は来年1月に発表か

    Ewan Spence , CONTRIBUTOR

    スマホメーカーにとって、収益の柱となるベーシックな端末と、世間を驚かせる革新的なデバイスを両立させるのは、マーケティングの腕の見せどころと言える。アップルは、iPhone XとiPhone 8シリーズを同時に発表することで、iPhone 8シリーズの売れ行きが不振でも、iPhone Xの売上で補える ...

  • アップルは再び熱狂を生み出せるのか

    Patrick Hanlon , Contributor

    アップルの株式は、先日行われた特別イベント後に下落した。アップルは10年前、通話だけでなく音楽や写真を携帯端末に盛り込んだiPhoneを発表し、携帯電話業界に革命を起こした。iPhoneは私たちが自分でも気づいていなかった欲求とニーズを満たす製品で、人々の生活に欠かせないものになった。私は先日、欧州 ...

  • iPhone Xは中国で苦戦する 現地アナリストらが断言

    Yue Wang , FORBES STAFF

    アップルは9月12日、iPhoneの10周年記念モデル「iPhone X」を発表した。新端末を投入することでアップルは中国での売上回復を望んでいる。中国の消費者は2015年のiPhone 6 や6 Plusに飛びついた。同年、アップルの中国での売上は出荷台数ベースで70%増となった。しかし、それ以来 ...

  • 新型iPhoneに最も期待する機能は? 米国1000人のアンケート結果

    Ian Morris , Contributor

    調査企業SurveyMonkeyは米国の18歳から65歳の消費者1000名を対象に、アップルが間もなく発売する新型iPhoneに関する調査を行った。「新型iPhoneについて最も期待を寄せる機能は?」との質問に最も多くの回答を集めたのはワイヤレス充電機能だった。回答者の実に47.53% が、ワイヤレ ...

  • 新iPhoneの名称は「iPhone X」でほぼ確定、通信キャリアから画像流出

    Ian Morris , Contributor

    iPhoneの10周年記念モデルとなる新端末の呼び名がいよいよ確定したようだ。この端末はシンプルに「iPhone X」と呼ばれることになりそうだ。ガジェットメデイア「LetsGoDigital」はオランダでシェア5割を占める通信キャリア、KPNのプロモーション素材を入手した。そこに描かれたiPhon ...

  • iPhone 8は「指紋認証なし」で見切り発車、顔認証のみ対応説

    Gordon Kelly , CONTRIBUTOR

    iPhone 8はこれまでのiPhoneとは外見から、ロック解除の方法、販売価格に至るまであらゆる点が異なり、まさに革新的な端末になるだろう。しかし、最新情報によると、目玉の一つになるはずだった機能の搭載が見送られたという。この数か月間、幾度にもわたり「指紋認証センサーがディスプレイに内蔵される」と ...

  • スマホの歴史の分岐点となった2007年「iPhoneが生まれた当時」の話

    Quora , CONTRIBUTOR

    iPhoneの成り立ちはアンドロイドとどこが違うのか。質問サイト「Quora」に寄せられた疑問に「たったひとつのデバイス:iPhone開発秘話(The One Device: The Secret History of the iPhone)」の著者のブライアン・マーチャントが回答した。iPhone ...

  • iPhoneの値段はなぜ高い アップル「開発秘話」著者が回答

    Quora , CONTRIBUTOR

    なぜiPhoneの値段は高いのか──。質問サイトQuoraに寄せられた質問に「たったひとつのデバイス:iPhone開発秘話(The One Device: The Secret History of the iPhone)」 の著者であるブライアン・マーチャント(Brian Merchant)が回答 ...

  • 新型iPhoneは9月発売がほぼ確定 米投資銀行アナリストが予測

    Lauren Gensler , Forbes Staff

    次期iPhoneの発売に向けての期待が高まっている。8月2日発表のアップルの第3四半期決算(7月1日まで)は予想を上回る内容で、iPhoneやiPad、さらにはMacも堅調な売上を示していた。アップルの株価は翌3日には6%の上昇となり、ダウ平均を史上最高値の2万2000ドルに押し上げる要因の一つにな ...

  • クアルコム、前年同期比40%の減益 法廷闘争でライセンス収入低下

    Aaron Tilley , Forbes Staff

    7月上旬、クアルコムはアップルとの法廷闘争をさらにエスカレートさせ、アメリカ国際貿易委員会(ITC)に対し、同社の競合のインテル製チップを搭載したiPhoneの米国への輸入を禁ずるよう要請した。インテル側としては当然、ITCがこの要請を拒否することを望んでいる。その後、7月20日午後、インテルはIT ...

  • iPhone 8に搭載の「巨大電源ボタン」に隠された重大な秘密

    Ewan Spence , CONTRIBUTOR

    iPhoneユーザーの多くは、Touch ID(指紋認証)を使って端末のロック解除をしたり、アップルストアやアップルペイの決済を行っている。しかし、iPhone 8では物理ホームボタンが廃止され、バーチャルホームボタンが搭載されるため、従来とは異なる方法で生体認証を行う必要がある。これには、3つの選 ...

  • アップル研究家らが厳選、次期iPhoneに訪れる「25の重大変化」

    Gordon Kelly , CONTRIBUTOR

    年内に発売が期待されるiPhoneの次期モデルiPhone 8は、歴代の端末でリリース前のリーク情報が最も多いモデルだと言える。このほど、アップル関連のリークで知られる2人の人物が、新端末の機能に関する25件もの情報を新たに公開した。この2人とは「地球上で最も優れたアップルのアナリスト」と呼ばれるK ...

  • iPhone「ワイヤレス充電対応」の可能性、さらに濃厚に

    Ewan Spence , CONTRIBUTOR

    発売10周年を迎えたばかりのiPhoneだが、次期「iPhone 8」がワイヤレス充電対応になることを裏付ける新たな情報が明らかになった。iOS 11のベータ版に新たなUIサウンドが発見され、これが他のワイヤレス充電で用いられる効果音に酷似しているというのだ。現在のiPhoneがライトニングケーブル ...

  • iPhone、10年間で「12億台」を販売 売上は83兆円

    Ian Morris , CONTRIBUTOR

    統計サイトStatistaによると、発売10周年を迎えたiPhoneの累計販売台数は12億台に達している。さらにStatistaはアップルからのデータを基に、10年間のiPhoneの売上を7380億ドル(約83兆円)と算定。アップルにもたらされた利益は1000億ドル(約11兆2000億円)と推定して ...

  • ヴァージンモバイルが「米国でiPhoneだけを売る」宣言 月額1ドル

    Zara Stone , CONTRIBUTOR

    米スプリント傘下のヴァージンモバイルUSAは6月21日、米国の大手通信事業者としては史上初の「iPhoneのみを扱う」企業になった。サンフランシスコで開かれた記者会見で同社CEOのダウ・ドレイパーは6月27日からアンドロイド端末の取り扱いを停止し、「最高の端末」のみを販売すると宣言した。同社でiPh ...

  • 「iPhone 開発秘話」で明かされた、キーボードを巡る社内対立

    David Phelan , CONTRIBUTOR

    ニュースサイトThe Vergeが引用して公開したブライアン・マーチャント(Brian Merchant)の著書、「たったひとつのデバイス:iPhone開発秘話(The One Device: The Secret History of the iPhone)」の内容が物議を醸している。書籍によると ...

  • アップル、自社製「AIチップ」開発始動か iPhoneに搭載狙う

    Aaron Tilley , Forbes Staff

    人工知能(AI)関連のテクノロジーがあらゆるデバイスやサービスに投入されようとしている中で、企業らはその流れに沿ったハードウェアの開発を迫られている。各社がAIアルゴリズムの向上やバッテリー寿命の改善を目指し、独自のAIチップの開発に乗り出している。ブルームバーグの報道ではアップルもこの流れに追随し ...

  • 発売は年末? iPhone「10周年記念モデル」の最大の謎

    Gordon Kelly , CONTRIBUTOR

    今年のiPhoneの新モデルの発売が遅れるという報道が相次いでいる。最初にブルームバーグが報じ、次にKGI証券のアナリストのミンチー・クオが伝えたこのニュースは、世界最大の経済メディアである日本経済新聞でも報じられた。日経の英字メデイア「Nikkei Asian Review」は次のように伝えている ...

  • 次期iPhoneの残念仕様 端末の「背面」に指紋センサーか

    Gordon Kelly , CONTRIBUTOR

    年内に発売が噂される次期iPhoneに関しては様々な憶測が流れている。名前の候補には「iPhone 7S」や「iPhone 8」「iPhone Edition」「iPhone X」等が囁かれており、なかには単に「iPhone」になるとの説まである。そんな中、次期iPhoneに関し非常に残念なニュース ...

  • アップルの「自前主義」が生む、半導体メーカーの悲惨な末路

    Gordon Kelly , CONTRIBUTOR

    今年発売が予定されるiPhoneの10周年記念モデルは、デザインの大幅リニューアルが予想されている。最新の報道によると、本体内部も外見に劣らず大きく刷新されるという。ロイター通信によると、アップルは新型iPhone向けに、バッテリーの持ちを改善するための独自技術を開発中だという。これが事実だとすると ...

  • “情報”を”使える知識”に変える!ニュースアプリ徹底活用術とは

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    日本人のスマートフォン保有率は60%を超え、ビジネスパーソンはいつでもどこでも情報を得られるようになった。それに伴い、ポータルサイト、電子新聞、ニュースアプリなどニュースを発信するメディアも多様性を増している。さまざまな情報の取得・活用が考えられるなかで、ビジネスリーダーはどのようにそれを行っている ...

  • Wi-FiにつなぐとiPhoneが乗っ取られる!? 恐怖のハッキング手法

    Thomas Fox-Brewster , FORBES STAFF

    「ユーザーがiPhoneをWi-Fiに接続しただけで、ハッカーがそのiPhoneを乗っ取ることができる」という、すべてのiPhoneユーザーを不安に陥れる内容の講演が、シンガポールで開催の情報セキュリティイベントBlack Hat Asiaで行われる予定だ。講演を行うのは、中国テンセント傘下のKee ...

  • アップルの「赤いiPhone」は中国人消費者の心に響くのか

    Yue Wang , FORBES STAFF

    中国のスマホ市場における熾烈な競争と政府の規制には、アップルも苦戦を強いられてきた。そのアップルが世界第2位の市場である中国でiPhoneの販売台数を増やすべく、新たな戦略を発表した。アップルは上海と蘇州にリサーチセンターを設置し、少なくとも35億元(約566億円)を中国市場向け研究開発に投資すると ...

  • 世界が期待するiPhone 8に関する「2つの残念なニュース」

    Gordon Kelly , CONTRIBUTOR

    世界が待ち望む新型iPhoneに関して、気になる情報が浮上した。iPhone登場10周年の今年発売されるiPhone 8には大変革が訪れ、それは非常に劇的なものになると予想されてきた。しかし、最も期待される2つの変化が、今回は実現されそうにない。その一つ目が、曲面有機ELディスプレイの導入がキャンセ ...

  • iPhone 7が発火、米10代女性が現場ビデオ投稿 アップルが調査

    Amit Chowdhry , CONTRIBUTOR

    iPhone 7 Plusに発火問題が浮上した。先日、Brianna Olivasと名乗る米国の10代の女性が、破損したiPhone 7 Plusのボディの側面から煙があがる模様を収めた動画を公開した。Olivasによるとその端末は2月22日朝に爆発し、彼女のボーイフレンドが動画を撮影したという。動 ...

  • iPhone 8が「遠隔充電に対応」説はデマ アナリストらが指摘

    Gordon Kelly , CONTRIBUTOR

    今年中に発売が予定される「iPhone 8」に関する憶測が飛び交っている。しかし、ここにきて最も期待された遠距離ワイヤレス充電機能が実装されない可能性が浮上した。遠距離ワイヤレス充電は、端末を充電器から半径約4.5メートル以内に置くだけで充電ができる給電技術だ。しかし、アナリスト集団Copperfi ...

  • アップル、次期iPhoneで「顔認証」システム採用 特許資料で判明

    Ben Sin , CONTRIBUTOR

    アップル関連のリーク情報で知られるMing Chi Kuoが、アップルがiPhone発売10周年にあたる今年リリースする次期iPhone 8に関する情報を公開した。台湾のKGI証券のアナリストであるKuoは、次期iPhoneにはセキュリティ機能として、顔認証システムが用いられると予測する。下記に彼の ...

  • iPhoneの製造を支える香港人カップル 資産額は9千億円以上

    Jane Ho , CONTRIBUTOR

    世界で使われるiPhoneの3分の2が中国のBiel Crystal(伯恩光学)社製のガラススクリーンを搭載している。同社の創業者は香港人の夫婦、Yeung Kin-manとLam Wai Yingのカップルだ。二人の資産額は83億ドル(約9,300億円)と推定されている。二人が創業したBielは、 ...