• なぜ2社だけ氷河期を生き残れたのか?/WAP牧野 x freee佐々木

    谷本 有香 , Forbes JAPAN 編集部

    1996年に基幹業務ソフトウェアを開発し、今も業界を牽引し続けるワークスアプリケーションズ。その創業から16年後に、現在クラウド会計ソフトで業界シェアNo.1を誇るfreeeが設立された。この間、B to Bのソフトウェア業界は長い氷河期の中にいたという。業界の先駆者であるワークスアプリケーションズ ...

  • 【対談】TOOT枡野恵也 x freee佐々木大輔 「こだわりがビジネスをつくる」

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    日本を代表するメンズアンダーウェアブランド「TOOT」と、誰でも使えるカジュアルなクラウド会計ソフトで中小企業をサポートする「freee」。一見、感覚的な商品とロジカルな商品という相反する商品を抱えているようにみえるが、事業を率いるトップ二人の根底には共通するものがあった。TOOT代表取締役社長の枡 ...