• 小売業への影響力を増す米「Z世代」、ミレニアルとはどう違う?

    Greg Petro , CONTRIBUTOR

    小売業のリーダーたちにとって忘れてはならないことの一つは、決して安心しすぎてはいけないということだ。テクノロジーに精通したミレニアル世代の期待に応えるための改革がようやく一息ついた今、同業界はその世代とは全く異なる、そして恐らくより大きな力を持った「Z世代」の台頭を意識し始めている。2001年以降に ...

  • 「働き方改革」のヒントは96年以降生まれのZ世代の価値観にある

    中原 孝子 ,

    「棺桶型」ともいわれる高齢層の多い人口構成図になっている日本では、とかく「働く環境」というと、「いかに高齢者に働いてもらうか」、「いかに高齢者が働ける環境をつくるか」に焦点が当たりがち。若者の働き方に大きな焦点があたるのは、過労自殺や過労死が取り上げられるときとも言えるかもしれません。2020年まで ...

  • 購買力は約5兆円 注目すべき米Z世代の7つの特徴

    Bryan Pearson , CONTRIBUTOR

    現在18~23歳の米国の「Z世代」は、小売業者にとっては軽視できそうにない存在だ。人口およそ7400万人、その購買力は約440億ドル(約4兆8500億円)とされている。広告・マーケティング専門誌Adweek(アドウィーク)によれば、Z世代は2020年には、米国の消費者の40%を占めるようになる見込み ...

  • Z世代の居場所は、おっさんの「リカレント教育」の場となるか?

    田中 宏和 , OFFICIAL COLUMNIST

    「会社の中で居場所を見つけられなかったんだよ」1年ほど前、早期退職したコピーライターの先輩から、もの悲しげな言葉を聞いた。社内でも遠巻きに敬意を抱いていた職人タイプの方だっただけに、その心情吐露は胸に響くものがあった。先月、政府は「人生100年時代構想会議」での検討を経た「骨太の方針」として、社会人 ...

  • 「ジェネレーションZ」に人気の就職先ランキング 首位はグーグル

    Karsten Strauss , FORBES STAFF

    次世代のリーダー候補たちが働きたい企業はどこだろう? 9000人を対象に行われた新調査によると、今年の1位は再びグーグルだった。この調査は全米優等高校生協会(NSHSS)によって毎年行われる。NSHSSは成績優秀な生徒を受け入れる国際組織で、2002年以降に160か国130万人が終身会員となり、うち ...

  • 「一緒に過ごせる」チャットアプリ、米Z世代に大人気 1日100万人が利用

    Vivienne Decker , Contributor

    シーマ・シスターニは、ソーシャルネットワーク・アプリ「ハウスパーティー(Houseparty)」の共同創業者だ。最大8人までの仲間とグループビデオチャットができるこのアプリを、ライブストリーミングサービス「ミーアキャット」の最高経営者責任者(CEO)だったベン・ルービンと共に開発した。2016年2月 ...

  • クリスマス前におさえておきたい「Z世代」の買い物傾向

    Deborah Weinswig , CONTRIBUTOR

    私たちの多くは、テクノロジーが身近でなかった時代を覚えている。道に迷ってもグーグルマップはなく、ガソリンスタンドに立ち寄って道を尋ねなければならなかった。家に連絡するには、携帯でメールを送るのではなく公衆電話に小銭を入れてダイヤルしなければならなかった。だがZ世代(2000以降に生まれた世代)は違う ...

  • ミレニアルとZ世代が変える職場、求められる4つのキーポイントとは

    Karsten Strauss , FORBES STAFF

    新しい世代の従業員たちは、労働市場に加わり、そして管理職に就いていく中で職場に新たな考え方を持ち込む。今そうした世代にあたるのが、1980年以降に生まれた「Z世代」や「ミレニアル世代」と呼ばれる人たちだ。人材サービス大手の蘭ランスタッドは今年6月22日から7月11日にかけて、コンサルティング会社の米 ...

  • 持続可能性を重視の「S世代」 あなたは一員?

    Dr. Bob Eccles , CONTRIBUTOR

    国連グローバル・コンパクト・ネットワークの創設メンバーであり、私の友人で同僚でもあるゲオルグ・ケルは最近の新聞への寄稿の中で、「S世代」の概念を紹介した。彼はこの世代を、前向きな変化を生み出す持続可能性の力を理解し、自身の「現在の」決定と行動が将来世代の生活の質に影響を及ぼすことを自覚している人たち ...