• ウーバー、自動運転車の累計走行距離が200万マイルを突破

    Biz Carson , Forbes Staff

    2017年9月にウーバーは同社の自動運転車両の累計走行距離が、自動運転モードで100万マイル(約160万キロ)に達したと発表した。ウーバーはこの記録を自動運転プロジェクトの開始から2年半かけて達成した。しかし、その後のわずか100日間でウーバーは200万マイルを達成した。ウーバーの担当者のEric ...

  • アジア版ウーバーが自動運転に大型出資、シンガポールで導入へ

    Alan Ohnsman , FORBES STAFF

    Drive.aiはシリコンバレーで2年前に設立された若い企業ながら、自動運転分野の最注目企業の一つとなった。同社は9月7日に配車サービス大手の米リフトと提携を発表した。そのDrive.aiがアジアでウーバーの最大の競合とされるGrabタクシーと提携し、自動運転テクノロジーをシンガポールに投入する。D ...

  • ウーバーが海外で贈賄の疑い 米司法省が予備捜査

    Biz Carson , Forbes Staff

    米国司法省はウーバーが海外の行政当局に対し、贈賄を行った疑いで予備捜査を開始した。この件はウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)が報道し、ウーバーの広報担当者も「当局の捜査に協力している」と述べた。報道によると、ウーバーには企業が海外の当局に業務目的で賄賂を送ることを禁じる法律(FCPA:For ...

  • 米セブンイレブンも利用する「ごみ回収版ウーバー」

    Alex Konrad , Forbes Staff

    「Uber」のビジネスモデルを使った企業が既存業界を“破壊”している。今度の標的は、推定600億ドルに上る、アメリカの“ごみ収集”業界だ。自家用車で空き時間にお小遣い稼ぎができる─。「Uber(ウーバー)」のビジネスモデルは、一般の人が時間やモノなどの ...

  • ウーバー vs 滴滴、ブラジルで配車戦争 滴滴が1億ドルを海外投資

    Brian Solomon , Forbes Staff

    ウーバーは昨年夏、中国の配車アプリ最大手「滴滴出行」(ディディチューシン)の株式の20%と引き換えに、同社に中国事業を売却した。それにより滴滴とウーバーとの戦いは一段落したかのように見えたが、それはつかの間の平和だったようだ。滴滴は1月4日、ウーバーのブラジルでの競合で、サンパウロとリオデジャネイロ ...

  • ウーバー、自動運転「停止命令」に反発 赤信号無視も問題化

    Alan Ohnsman , FORBES STAFF

    サンフランシスコで自動運転車の公道テストを開始したウーバーは、カリフォルニア州運輸局(Department of Motor Vehicles、 以下DMV)からの中止要請を無視してテストを続行する意向を表明した。自動運転車の公道テストを行うためには、DMVから許可を得た上で150ドルの費用を支払う ...

  • ウーバーの「自動運転」体験ルポ サンフラシスコ進出の現場

    Brian Solomon , Forbes Staff

    サンフランシスコでウーバーを呼んだら、自動運転車が迎えにくるかもしれない――。ウーバーは12月14日、ピッツバーグで9月からテスト中の自動運転車のパイロットプログラムをサンフランシスコに拡大すると発表した。ウーバーの自動運転ソフトのテストバージョンを搭載したボルボのXC90 SUVモデルが乗客を載せ ...

  • ウーバーが恐怖に震える「幽霊ドライバー」 顔がゾンビとの報告も

    Yue Wang , FORBES STAFF

    問題が続出しているウーバーの中国事業で、新たに「幽霊ドライバー」による詐欺トラブルが明らかになり、中国のメディアで大きく取り上げられている。ここ1週間ほどで、多くの中国人ユーザーがこの幽霊ドライバーの被害に遭っている。フォーブスが数人の被害者にコンタクトをしたところ、いずれの場合もウーバーのアプリを ...

  • ウーバーCEO「自動運転車はまだ未来の話」 TEDで持論展開

    Miguel Helft , FORBES STAFF

    ウーバーのトラビス・カラニックCEOは2月16日、カナダのバンクーバーで行われたTEDカンファレンスで、自動運転カーについて「実際に走るようになるには、メディアなどで言われているよりもかなり先になるのではないか」と語った。カラニックは「自動運転カーが社会に登場したからといって、一夜にして世界を変える ...

  • グラフで見るウーバーの財務内容 年2300億円の赤字でも潰れず

    Brian Solomon , Forbes Staff

    テクノロジー関連の情報サイト、The Informationは1月11日、ウーバーが昨年投資家向けに用意した財務データの内部資料を公表した。そこに記された財務内容から、配車アプリ業界の巨人ウーバーは巨額の売上を生み出しつつも、驚くべき速さで手持ちの現金を消費していることが明らかになった。まず好調な点 ...

  • サンフランシスコ最大のタクシー会社が破産 ウーバーらと競争激化

    Brian Solomon , Forbes Staff

    ウーバーなどの配車アプリが既存のタクシー業界を破滅に追い込む――。以前から懸念されていたシナリオが、ついに現実のものとなった。昨年12月、サンフランシスコ市で最大のタクシー会社、Yellow Cab社は株主らに宛てた書簡で破産宣告を行った。このニュースは地元紙のサンフランシスコ・エグザミナーが報道し ...

  • 2015年、最も破壊的イノベーションを起こしたブランド10選

    Avi Dan , CONTRIBUTOR

    今、マーケットはテクノロジーの進歩と同じスピードで動いている。私たちは飛躍的な進化の時代に生きており、変化のスピードは加速するばかりだ。そんな時代にビジネスを適応させていくにはマーケティング手法にも根本的な改革が必要だ。製品とビジネスモデルの両方でイノベーションが要求されるのだ。イノベーションによる ...