• アフリカの騒乱の大地で思う、私に流れる日本人の血

    吉田 彩乃 , CONTRIBUTOR

    「新米政務官として、中央アフリカ共和国に派遣された最初の出張が、一番辛かったですね」。1960年に独立して以来、政治的安定期を迎えたことのない中央アフリカ。暴動、騒乱、クーデター。人口の9割が一日2ドル以下で暮らす世界最貧国。そんな国に彼女はたった一人で放り込まれた。しかも、「上司から ...