• ネットフリックスが密かに狙う出版ビジネスの覇権

    Adam Rowe , Contributor

    ネットフリックスが出版ビジネスへの参入を進めている。同社は6月、人気オリジナルドラマ「ストレンジャー・シングス」のライセンス契約をランダムハウスとダークホースコミックスの出版2社と締結した。前者からはヤングアダルト向けの一般書籍、後者からはコミックを出版するという。自社コンテンツのフランチャイズ化を ...

  • ネットフリックスが支える「ドキュメンタリー映画」の新潮流

    Rebecca Lerner , Contributor

    ドキュメンタリー映画の製作はコストが高く、意図したストーリーに仕上がらないケースもある。また、発表の場が限られていることも従来からの課題だった。その状況を打破するのがネットフリックスのようなストリーミングのプラットフォームだ。 2018年に70億ドルから80億ドル(約8500億円)をオリジナルコンテ ...

  • ゲーム売上も世界No1 中国テンセントを支える3つの柱

    Yue Wang , FORBES STAFF

    テンセントは5月17日、2017年第1四半期の決算を発表。今年3月までの四半期売上は72億ドル(約8034億円)に達した。中国・深セン本拠のテンセントの時価総額は3000億ドル(約33兆5000億円)に及び、アップルやフェイスブック、グーグルの親会社のアルファベットらと並び、世界で最も企業価値の高い ...

  • 日本のアニメ見放題サイト 米国で有料会員100万人を突破

    Lauren Orsini , Contributor

    米国のアニメのストリーミングサービスのクランチロールが2月9日、有料会員数が100万人を突破したと発表した。広告が表示される無料サービスには2000万人が登録しているが、広告なしで日本のアニメを楽しむために100万人が月額6ドル95セント(約790円)を支払っているということになる。つまりクランチロ ...

  • ネットフリックス、800億円起債でコンテンツ強化 一話10億円作品も 

    Madeline Berg , Forbes Staff

    ネットフリックスは10月24日、オリジナルコンテンツの拡充を目的に8億ドル(約835億円)の社債を起債したことを明らかにした。同社はオリジナルコンテンツの比率を50%に高め、2017年には1,000時間分の新コンテンツを配信する目標を掲げている。ネットフリックスは個別の配信実績を公表していないため、 ...