• ロボットカーは日産とNASAの共同開発で生まれる

    ピーター ライオン , Official Columnist

    シリコンバレーにある日産リサーチセンター(NRC)を訪ねた昨年11月、次世代の自動運転の技術をテストする施設で、リーアム・ペデルセン博士が1台の特殊リーフを見せてくれた。しかし彼はニヤリとして「このリーフ、クルマに見えるかも知れないけれど、実はロボットなんです」と言い出した。ペデルセン博士は、かつて ...

  • NASAが打ち上げ予定、次世代の火星探査車「マーズ2020」の全貌

    Brid-Aine Parnell , CONTRIBUTOR

    NASAが2020年に打ち上げを計画中の火星探査車「マーズ2020」は、前回の探査車から受け継ぐ部分も多いようだ。2012年に火星探査を開始した「キュリオシティ」は、今もなお現役で活動中だ。ただし、任務の性質の違いに応じた装備の違いはある。マーズ2020の任務は、35億年以上の昔、火星にも流れる川や ...

  • NASAが描く「火星の緑化計画」 人工磁場で大気を復活

    Meriame Berboucha , Contributor

    NASAは火星の近くに人工の磁場を発生させることにより、火星を大気で覆い、生命体が居住可能な環境をつくりあげようとしている。これが実行に移されれば、数年のうちに火星は地球の約半分の気圧の大気で覆われ、現在想定されているよりも早期に火星への移住が実現可能になるかもしれない。人類が住む地球は磁場の存在に ...

  • NASAが開発支援の人型ロボット、4千キロの「自律歩行」目指す

    Alan Ohnsman , FORBES STAFF

    自動運転車の実用化が間近に迫る中、カリフォルニア工科大学は既に次世代の自動運転技術の開発に取り組んでいる。同校が検討中の新技術の中には、数千マイルを自律歩行できる人型ロボットや救命ドローン、群れをなして飛行する宇宙船などが含まれる。同校は10月24日、これらの構想を実現するために、NASAのジェット ...

  • 48年前に月に行ったアポロ11号と宇宙飛行士が見たもの

    K.N. Smith , Contributor

    今から48年前の1969年の7月16日、ニール・アームストロング、バズ・オルドリン、マイケル・コリンズの3人が、月に向かって飛び立った。人類初の月面着陸という歴史的な瞬間を迎えるまでの4日間、彼らは宇宙で何をしていたのだろう?NASAの記録によると、サターンV型ロケットの発射から約3時間後、コリンズ ...

  • 宇宙でのトイレ問題が解決? NASAのコンテスト優勝者が発表

    Brid-Aine Parnell , CONTRIBUTOR

    米航空宇宙局(NASA)は昨年から、宇宙飛行士らが宇宙服を着たまま排泄行為が行える仕組みのアイデアの募集を行っていた。上位3つのアイデアには合計3万ドルの懸賞金が与えられるこの懸賞の名前は「Space Poop Challenge」。直訳すると“宇宙うんこチャレンジ”というこ ...

  • 再利用ロケットが切り拓く宇宙開発の未来

    Alex Knapp , Forbes Staff

    ジェフ・ベゾスが創立した宇宙企業Blue Originは先月、2015年11月に垂直着陸に成功したNew Shepardロケットを再び打ち上げ、宇宙を準軌道飛行した後、無事に地上に着陸させるという偉業を成し遂げた。イーロン・マスク率いるスペースXもFalcon 9ロケットを打ち上げ、搭載していた衛星 ...