• 時計界の歴史を変えた新しいムーブメント

    福留 亮司 , CONTRIBUTOR

    時計が時間を知るための道具であることを考えれば当然のことだが、時計の発展と精度の追求は切っても切れないものがある。長い歴史を誇る機械式時計も、精度の追求なくして、ここまでの発展はなかったといっていいだろう。だからこそ、1969年にセイコーによって発表されたクォーツ式腕時計は、時計界にとってとても衝撃 ...

  • 「時計回り」に縛らず「時を楽しむ」ための時計

    福留 亮司 , CONTRIBUTOR

    “時計回り”という言葉が日常化しているように、通常、時計の針は時計と正対して右側へ、いわゆる“時計回り”に一周する。多くのモデルは、センターに配された長針=分針と短針=時針が、それぞれ1時間、12時間をかけて一周することが、時計の動きの常識と認識してい ...