• 「高収入への通行手形」米国MBAはなぜ人気が凋落したのか?

    長野 慶太 , Official Columnist

    アメリカのMBA(経営大学院)プログラムが、4年続けて入学志願者数を落としてきている。GMATという入学適性テストを運営する非営利団体によれば、本年14万人のMBA願書を受け付けたが、これは去年の7%減ということである。MBAが、実業界からその価値に疑問を呈されたのは最近のことではない。インベストペ ...

  • 世界の経営大学院ランキング、アジアが首位を奪うのはいつ?

    Matt Symonds , Contributor

    国際会計事務所大手のプライスウォーターハウスクーパース(PwC)は、中国が2030年までに世界最大の経済になると予測する。では、中国の経営大学院はどうだろう? 中国の教育機関は、スタンフォードや欧州経営大学院(INSEAD)、ロンドン・ビジネス・スクールを追い抜こうとしているのだろうか──。英紙フィ ...

  • 投資効果の高い米国ビジネススクール、1位はウォートン校

    Kurt Badenhausen , Forbes Staff

    フォーブスはこのほど、今年で10回目となる「米国のビジネススクール・ランキング」を発表した。隔年で公表しているこのランキングでは今回、ペンシルバニア大学ウォートン校が初めて1位となった。順位は世界中にいる米国の経営大学院(ビジネススクール)100校以上の卒業生およそ1万7500人に連絡を取り、卒業後 ...

  • 逼迫する英語需要に応えるビジネス英語学習のスペシャリスト

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    今や「話せない」では済まされない英語。「では、語学学校に通えばいいのか」の疑問に応えるのが、「本当に使えるビジネス英語」に特化したブライチャーだ。フィリピン・セブ島での合宿と、新設する東京校を併用。米アップル社で管理職を務めた経験から、CEO自らが編み出した独自のカリキュ ...

  • 米国勢がずらり、「最も人気のビジネススクール」ランキング

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    世界の多くのビジネススクールで採用されている入学者選抜試験、GMATの試験対策アプリのメーカー、レディーフォー(Ready4)は9月末、今年で2回目となる「世界で最も人気のビジネススクール」ランキングを発表した。このランキングは、MBA取得を目指す195か国の25万人以上の学生たちに、入学したい上位 ...

  • 多文化・多様化に対応できる真のグローバルリーダーを育てる/マギル大学大学院 マギルMBAジャパン

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    日本にいながら英語漬けの環境に身を置き、世界各国から集結した学生とコミュニケーションスキルを形成していく。世界のビジネススクールで国際的な評価を受け続けるマギルMBAジャパンの現状と未来への展望を学部長が解説する。マギル大学はカナダ最古の大学として、また2015〜16年QS世界大学ランキングにおける ...