• ピーター・ティールも認めた22歳「自動運転」起業家の野望

    Alan Ohnsman , FORBES STAFF

    オースティン・ラッセルは、高校時代にカリフォルニア大学アーバイン校のベックマンレーザー研究所(Beckman Laser Institute)で拡張現実(AR)やワイヤレス給電のプロジェクトに関わったことがきっかけで、3D画像技術の開発を思い立った。現在22歳のラッセルは、5年前に自動運転車向けのL ...