• 仏マクロン大統領の『革命』と教育改革

    小林 りん , Official Columnist

    停滞の続くフランスの救世主として期待される40歳の若き大統領、エマニュエル・マクロン。彼の著書『革命』の中で、最も具体的な施策が述べられていた分野の一つに、教育改革がある。私がこれまで綴ってきた主張と重なる部分も多い、フランスにおける教育革命についてその骨子をまとめつつ、我が国の教育の現状もあわせて ...

  • イエール大関係者が子女を託す「好奇心を伸ばす」小学校

    小林 りん , Official Columnist

    生徒の好奇心を伸ばしたい、生涯自ら学び続ける人に育てたい、と多くの教育者は言う。しかし実際には多くの教育機関において、生徒たちは、国や州が決めたカリキュラムに従って、教師が決めた題材を日々学び、試験対策を繰り返している。好奇心を大切にする教育とは如何なるものか? 一つの解になるかも知れないと思われる ...

  • 成績表をつけない「超進学校」の秘密

    小林 りん , Official Columnist

    成績表をつけず、生徒一人一人の長所を伸ばすことだけに注力すること50年。その結果、卒業生の3割以上がアイビーリーグに、ほぼ半数がスタンフォードやタフツなどを含む“名門校”に進学する不思議な学校がある。数値で評価しない教育の秘密を探りに、ニューヨークにある同校を訪ねてみた。10 ...

  • 高等教育無償化は、低所得者層のためと言うけれど

    小林 りん , Official Columnist

    日本における教育改革の必要性が叫ばれるようになって久しいが、2020年の大学入試改革が目前に迫り、昨今ではこども保険や教育無償化が政策としても現実味を帯びている。しかしここで一度、我が国の教育政策を改めて考えてみる必要があるのではないだろうか。この連載では、半年間のサバティカルをとり渡米した筆者が、 ...

  • 【対談】ISAK小林りん x ビズリーチ南 壮一郎 vol.4「今後のこと、プライベートのこと」

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    外資系金融出身者は、多かれ少なかれ同じようなことを言う。外資系金融企業は「道場」。優れた人材を育てる最良の学校である、と。本連載では、この学校を卒業し、活躍する人々を紹介する。全4回でお届けしてきたモルガン・スタンレー出身の小林りん氏(インターナショナルスクール・オブ・アジア軽井沢=ISAK 代表理 ...