• AIが服を選ぶファッションEコマースサイト、年商は約10億ドル

    Lauren Gensler , Forbes Staff

    AIを活用したファッションEコマースの「Stitch Fix(スティッチフィックス)」がIPO申請を行った。サンフランシスコ本拠のStitch Fixはデータサイエンス技術を活用し、ファッションアイテムをセレクトして顧客に届けるサービス。同社は上場により1億ドル規模の資金調達を見込んでいる。Stit ...

  • スポティファイ、670億円の赤字でも「年内IPO」に向け準備中

    Hugh McIntyre , CONTRIBUTOR

    スポティファイはユーザー数の点で言えば世界最大のストリーミングサービスだ。しかし、だからと言って全てが順調に進んでいるわけではない。同社は6月15日、2016年の通期決算リポートを発表した。売上は2015年の21億5000万ドル(約2834億円)から、52%増の33億ドル(約3700億円)に達した。 ...

  • IPOの期待高まる25億ドル企業、「クアルトリクス」CEOの戦略

    Alex Konrad , Forbes Staff

    リサーチ用ソフトウェアを開発するクアルトリクス(Qualtrics)のライアン・スミスCEOが取材で必ず聞かれるのは今後のIPOの可能性だ。「いつ上場するのかと必ず聞かれるが、我が社のゴールはIPOではなく、その先にある」と2002年に同社を共同創業したスミスは語る。クアルトリクスは4月12日、既存 ...

  • 韓国の最大規模のユニコーン「Yello Mobile」 IPOを控え最終準備へ

    Elaine Ramirez , CONTRIBUTOR

    韓国を代表するユニコーン企業「Yello Mobile」は、昨年11月にマッコーリー・キャピタルを引受先とする転社債型新株予約権付社債(CB)の発行を実施し、1000万ドル(約11億3000万円)を調達した。同社は2016年に4回(2月に2回、4月、11月)の資金調達を行っており、総額9300万ドル ...

  • 教育熱高まる中国 「私立学校」IPOで資産750億円の富豪が誕生

    Russell Flannery , Forbes Staff

    中国の私立学校法人「中国宇華教育(China Yuhua Education)」は、国内の教育熱の高まりを受けて事業を拡大。2月28日に香港市場でIPOを果たし、株価は公開価格の2.05香港ドルから10.7%上昇した。中国国内で5万人の学生を抱える中国宇華教育は、河南省の鄭州市が本拠。16のキャンパ ...

  • モバイル決済「アリペイ」運営元がIPOへ 企業価値は6兆円突破

    John Kang , FORBES STAFF

    米国ではスナップの上場計画が明らかになり、時価総額が250億ドル(約2兆8,000億円)に達する大規模なIPOとして注目されている。しかし、米国に次ぐ規模の香港と中国での大型IPO案件も見逃せない。2017年に期待される3大案件を下記に紹介する。企業価値6兆円突破の「アント・フィナンシャル」中国アリ ...

  • IPO申請のスナップ、上場時の株式購入を賭けとみる3つの理由

    Peter Cohan , CONTRIBUTOR

    消えるメッセージのやりとりを可能にし、その後も新たな機能を追加してきた「スナップチャット」を運営するスナップは2月2日、新規株式公開(IPO)に向けて米証券取引委員会に上場申請書類を提出した。そのサクセス・ストーリーは、ベンチャー企業の支援を受けるテクノロジー関連企業の上場が相次いだころのように、I ...

  • 2017年の米IPO市場は「適温相場」を予想 スナップチャットほか多数上場か

    Steve Schaefer , FORBES STAFF

    米国の新規株式公開(IPO)市場は2016年、低調に終わった。だが、今年は「すぐ消えるメッセージアプリ」だけにはとどまらないとの期待が高まっている。フォトメッセージングサービス、スナップチャットの運営会社であるスナップは最大40億ドル(約4,618億円)の調達を目指しているとされるが、公開時の時価総 ...

  • 航続距離500キロのEVバス「プロテラ」 160億円調達で増産開始

    Alan Ohnsman , FORBES STAFF

    元テスラ社員が率いる電気(EV)バスメーカー「プロテラ(Proterra)」が、1億4,000万ドル(約164億円)の資金調達に成功した。この資金で生産台数と製造スピードの向上を図るという。今回のシリーズ5の調達ラウンドではJPモルガンの協力を得て、名前非公開の投資家から4,000万ドル(約47億円 ...

  • 2017年のIPO候補369社 最多出資元はアンドリーセン・ホロウィッツ 

    Alex Konrad , Forbes Staff

    2016年のテック業界を振り返ると、クラウド通信のTwilioが大型上場を果たしたものの、IPOは非常に低調だった。しかし、調査会社CB Insightsは、2017年は IPO市場が一転して活性化すると予測し、IPO候補として369社のリストを公表した。CB Insightsによると、これらのIP ...

  • 大麻業界初のニューヨーク上場企業が誕生 200億円を調達へ

    Debra Borchardt , CONTRIBUTOR

    大麻関連企業としては史上初のニューヨーク証券取引所(NYSE)に上場を果たした企業が現れた。11月17日、医療大麻関連施設の不動産投資信託を手がける「イノベーティブ・インダストリアル・プロパティーズ(Innovative Industrial Properties、以下、イノベーティブ社)」はNYS ...

  • スナップチャット上場、4兆円予測も 売上は400億円突破へ

    Lauren Gensler , Forbes Staff

    スナップチャットが秘密裏に上場申請書類の提出を行なった。11月15日、関係者の証言をロイターやCNBCらがリポートした。スナップチャットは最近、社名をSnap Incに改め上場の準備を進めている。同社の広報担当者はコメントを避けた。テクノロジー業界で久々の大型IPO案件として期待されるスナップチャッ ...

  • 中国ネット物流ZTO社、米国で上場へ アリババ以来の巨額IPOに

    Yue Wang , FORBES STAFF

    中国のEコマース物流において勢力を誇る物流会社、中通快逓(ZTO)が米国の株式市場に上場する。ZTOは13億ドル(約1,349億円)規模の資金調達を見込んでおり、中国企業の米国での上場としては今年最大のものになる。米国SECへの提出書類によると、上海に本拠を置くZTOの発行株式数は7,210万株。一 ...

  • 公開「IPO長者」ランキング! 前年比で数は増えるも規模は小型化

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    2015年に新規株式公開(IPO)した企業は昨年の77社より約2割増えて92社。これは07年の121社以来の高水準だった昨年を超えた。そのうちの約9割で初値が公開価格を上回った。しかし、上の表のとおりトップ20の企業のうち、株式分割を行った3社を除いた17社のうち、5月10日現在で初値を上回っている ...

  • 株価628%上昇の中国トラック・メーカー、会長の資産が20億ドル超に

    Russell Flannery , Forbes Staff

    コンサルティング大手プライスウォーターハウスクーパース(PwC)の報告書によると、世界最大の自動車市場である中国は今年、世界のIPO市場を主導することになる可能性がある。6月15日に上海証券取引所への上場を果たした中国の小型トラック・メーカー、重慶小康工業集団(Chongqing Sokon Ind ...

  • 高いものは10万円超、高級クーラーボックスの「イエティ」がIPO申請

    Debra Borchardt , CONTRIBUTOR

    高級クーラーボックス「イエティクーラー」のメーカーであるイエティホールディングが7月1日、新規株式公開のための申請書類を米証券取引委員会(SEC)に提出した。イエティクーラーの価格帯は249ドル(約2万5,000)から高いものは1,200ドル(約12万2,000円)まで。よほど暑い地域に住んでいるの ...

  • クラウド通信Twilioが上場申請 今年4番目の米テック企業IPOに

    Shelby Carpenter , FORBES STAFF

    しばらくご無沙汰だったテック系企業のIPOが、やっと行なわれそうだ。クラウド通信のTwilio(トゥイリオ)が上場に向けて米証券取引委員会(SEC)に登録届出書を提出した。2016年にIPO申請したテック企業は4社目で、これまでにデル傘下のセキュアワークスが4月に、アカシアコミュニケーションズが5月 ...

  • フォーブスが選んだ「30アンダー30」、4人のカリスマ起業家

    Miguel Helft , FORBES STAFF

    フォーブスが世界をリードする若手起業家やリーダーを選出し、毎年発表するリスト、「30アンダー30(30歳未満、有望な若者たち)」。過去の受賞者の中でも輝き続けるオールスター4人の今を取材した。200億人のキューピットが復活シェーン・ラッド Sean Rad(29歳)Tinder CEO (2014年 ...

  • なぜ個人投資家はIPO投資で失敗するのか

    Great Speculations , CONTRIBUTOR GROUP

    昨年初頭から、IPO(新規株式公開)市場は概ね、見事なほどの失敗続きに終わっている。Box、GoPro、Fitbitといった期待の企業が、ゲートを出た直後の疾走後、激しい値崩れを起こしてきた。経済環境の悪さを原因に挙げる向きがある。現下のマクロ情勢の不均衡、主要な指標もこの12か月間で軒並み5%以上 ...

  • Spotify、さらに10億ドル調達 「1年以内のIPO」条件つき融資

    Hugh McIntyre , CONTRIBUTOR

    Spotifyがまたもや巨額の資金調達を行った。3月29日、ウォール・ストリート・ジャーナルの報道によると、ストリーミングサービスとして名を馳せる同社は10億ドル(約1120億円)をデット・ファイナンス(負債として計上される借入金)で調達し、今後の競争の激化に備える。同社は数ヶ月前に「5億ドル規模の ...

  • 企業価値35億ドルのセキュリティ企業、タニウム 強気のIPO計画

    Brian Solomon , Forbes Staff

    企業価値35億ドルのセキュリティ企業、タニウムがIPOを準備中であることがフォーブスの取材で分かった。タニウムはヒンダウィ親子が創業したセキュリティ企業で、これまでは71歳の父デービッドがCEOを務め、その息子で36歳のオリオンがCTOを務めてきた。そして2月中旬、デービッドが会長職に退き、息子のオ ...

  • 米株式市場「2016年初のIPO企業」がようやく登場

    Lauren Gensler , Forbes Staff

    米国ではバイオテック系企業2社が2月3日にナスダックで新規上場し、2016年に入ってから初めてのIPOとなった。がん治療薬を開発する中国のベイジーン社(BeiGene)はIPO価格24ドルを18%上回る価格で初日の取引を終えた。また、ビル・ゲイツも出資した遺伝子の編集を行う企業、エディタス・メディシ ...

  • フィンテックにも逆風 オンライン金融Elevate社がIPO延期

    Samantha Sharf , Forbes Staff

    警戒感を強める米国株式市場において、年初から1月25日までIPOを果たす企業が一社も出ていない。そんな状況下でIPOを予定していたのがオンライン金融の米Elevate Creditだ。Elevate社は、21日に一株20ドルから22ドルの仮条件で360万株を公開、7600万ドル規模(約90億円)のI ...

  • 2016年、IPOが期待される10大テック企業

    Forbes.com CONTRIBUTORS , CONTRIBUTOR

    来年IPOが期待されるテック系企業としては、どんな名前があげられるだろう。ベンチャーキャピタルToba Capitalのパトリック・マシエソンは次のような社名を候補にあげている。シャオミ(小米科技、スマホメーカー)ディディ・クアイディ(嘀嘀快的、配車サービス)エアビーアンドビー(Airbnb、宿泊仲 ...

  • 2015年を代表するIPO企業11社 フェラーリは苦戦中

    Forbes.com CONTRIBUTORS , CONTRIBUTOR

    2015年はIPO当たり年とは行かなかったが、シェイク・シャックやスクエアなどが上場した。下記に2015年のIPO注目企業をおさらいする。シェイク・シャック(Shake Shack)ニューヨーク発祥のハンバーガーチェーンは、上場初日にIPO価格の2倍まで値を上げて話題になったが、その後の業績が振るわ ...

  • 今年の米IPO市場、2009年以来の低調 上場延期企業も相次ぐ

    Steve Schaefer , FORBES STAFF

    2015年、米株式市場では新規株式公開(IPO)の収益とパフォーマンスが急激に落ち込んだ。IPOリサーチ企業のルネサンス・キャピタルによると、2015年のIPOは169社で合計300億ドルを調達した。IPOの数は前年から39%の下落で、調達額は65%の下落となった。ただし、2014年はアリババが1社 ...