• GMが狙うシリコンバレーの頭脳 現役幹部が語る才能発掘の舞台裏

    Alan Ohnsman , FORBES STAFF

    8月の初め、マウンテンビューで開催された「500 Startups」主催のピッチコンテストに、GMのエンジニアリング部門の幹部が数人参加した。彼らの目的は、有望なスタートアップを発掘して育成することだ。GMは昨年末から500 Startupsの「Demo Day」のスポンサーになっている。同社は他の ...

  • GMが「有望な」インド市場に背を向けた理由

    Great Speculations , CONTRIBUTOR GROUP

    ゼネラル・モーターズ(GM)は5月18日、インドで行ってきた「シボレー」ブランド車の販売を年末までに中止すると発表した。インドでの市場シェア拡大を目指してきた同社だったが、目標達成は難しいと判断した。同社は現在、インド国内に2か所の生産施設を持つ。そのうちマハラシュトラ州タレガオンにある工場は今後も ...

  • キャデラックの自動運転車「テスラ以上の安全性」で今秋発売

    Jim Gorzelany , CONTRIBUTOR

    ゼネラル・モーターズ(GM)の高級車ブランド、キャデラックが自動運転システム「スーパークルーズ」への開発着手を発表したのは5年前のことだった。当時はまだ多くの人が自動運転をSFの世界の話と考えていたが、5年の月日を経てそのテクノロジーは現実のものとなった。キャデラックは今秋発売の「CT6」の北米仕様 ...

  • 米GM、自動運転で約1千名を新規雇用 グーグルら競合を追撃

    Alan Ohnsman , FORBES STAFF

    米ゼネラル・モーターズ(GM)傘下で、自動運転車開発を行うクルーズオートメーションはサンフランシスコでの事業拡大に1400万ドルを投資し、1163名を新規でフルタイム雇用する。同社が州当局に提出した申請書類で明らかになった。GMは昨年初めに5億8000万ドル(約642億円)でクルーズオートメーション ...

  • 定額制で味わう「高級車オーナー」の気分、キャデラックが新サービス開始へ

    Dale Buss , CONTRIBUTOR

    米ゼネラルモーターズ(GM)の高級車ブランドであるキャデラックは1月5日、ニューヨークで「自動車のサブスクリプション・サービス」を開始すると発表した。キャデラックが2月1日から提供する新たな「ブック・バイ・キャデラック(Book by Cadillac)」は、会員向けに無期限で好みのモデルを貸し出す ...

  • GM、強気姿勢は維持も「業績悪化への備えはある」

    Jim Henry , CONTRIBUTOR

    各自動車メーカーは、近い将来に業績がひどく悪化することはないとアナリストや投資家たちを安心させようとしている。しかしその一方で、万が一そうした事態になっても備えはできている、というアピールも行っている。例えば米ゼネラル・モーターズ(GM)は、9月下旬に発表した戦略的事業概要の一部に「業績悪化に備えた ...

  • GMとフォードの販売台数は減少、それでも米自動車業界は今年も「好調」?

    Lauren Gensler , Forbes Staff

    米国の消費者はこの夏、昨年ほどには自動車にお金を使わなかったようだ。自動車ブームは終わりに近づき、メーカー各社は今後、販売促進を強化する必要があるということだろうか。米自動車大手のフォードとゼネラル・モーターズ(GM)、フィアット・クライスラーは9月1日、今年8月の販売台数を発表した。フィアットが前 ...

  • GMが自動運転車の開発で模索する「革新と痛み」のバランス

    Sam Abuelsamid , CONTRIBUTOR

    最先端の革新と最前線の痛みは紙一重の違いだ。自動車大手ゼネラル・モーターズ(GM)は100年以上の歴史の中で、しばしば市場の先を行き過ぎることがあった。シボレー・ベガのライナーレスのアルミエンジンや、キャディラックのV8-6-4エンジンなどがその例で、アイデアは素晴らしかったものの技術面の備えが不十 ...

  • GMとリフトの2社連合が目指す「自動運転タクシー」の実現

    Brian Solomon , Forbes Staff

    自動車メーカーと配車アプリが手を組んだのはGMとリフトが初めてだった。その後、自動車メーカーが配車アプリに出資するケースが増えており、GMのダン・アムマン社長とリフトのジョン・ジマー社長は、「真のパートナーシップが求められている証拠だ」と語る。ジマーは「出資を受けるのも1つの方法ですが、1社ではでき ...

  • 自動車業界で注目の「室内ゲーム」、勝者が判明するのはいつ?

    Dale Buss , CONTRIBUTOR

    デトロイトでは最近、多くの人が同じ室内ゲームに興じている──いや、実際には、フランクフルトでも東京でも、ソウルでもそうだ。誰もが「テスラ羨望」というゲームに夢中なのだ。すでに約33万5,000台の注文を受け付け、その後も予約件数を増やしているテスラの新型EVセダン「モデル3」は予約金として、同社に少 ...

  • 自動車業界の巨人 GM ウーバーの競合に「無料車両」提供開始

    Brian Solomon , Forbes Staff

    ウーバーの競合として知られる配車アプリのリフト(Lyft)とゼネラルモーターズ(GM)は、リフトで働くドライバー向けに短期のレンタカーサービスを開始する。GMは今年1月、リフトに5億ドルを出資している。「エクスプレス・ドライブ」と名付けられたこの新サービスはまずシカゴでスタートし、その後エリアを拡大 ...

  • カーシェアリング分野の強化図るGM、新プログラム拡大へ

    Liane Yvkoff , CONTRIBUTOR

    レジャーシーズンの到来が近づくなか、ニューヨークでは週末にジップカー(ZipCar)などのカーシェアリング・サービスの予約を取るのが難しくなり始めている。だが、一部の高級賃貸住宅の住人たちには、特別に利用が可能な秘密のサービスがある。ゼネラルモーターズ(GM)が不動デベロッパーのストーンヘンジNYC ...

  • 米GMが小売の市場シェア拡大に注力、平均販売価格が上昇

    Joann Muller , FORBES STAFF

    GM(ゼネラルモーターズ)は2016年2月、米国の主要自動車メーカーの中で唯一、販売台数を減らした。同月の自動車販売は季節調整後の年換算で1,770万台となり、競合するフォード・モーターなどが販売台数を前年同月比で20%増やすなか、GMにとっては厳しい状況となった。しかし、これはGMが多くの競合他社 ...

  • GM、5億ドルを米リフトに投資――自動運転車をめぐるウーバー、テスラ、グーグルとの競争で勝ち抜きをはかる

    Brian Solomon , Forbes Staff

    自動運転車が実現に近づいてきた。しかもその動きは、かつてなく速まっている。1月4日、配車サービスの米リフトがシリーズF投資ラウンドで10億ドルを調達したと発表した。その半分にあたる5億ドルが創業107年のゼネラルモーターズ(GM)からのもので、その出資金を屋台骨にGMとリフトは自動運転車ネットワーク ...