• GAPがミャンマーでのビジネスを再考すべき理由

    Michael Posner ,

    米衣料大手のGAPは4年前、ミャンマーでの衣類生産を開始するという大胆な発表をした。同社の広報担当者は、人権問題における「ベストプラクティス」を同国にも導入すると約束し、生産開始の合意を「ミャンマーにとって歴史的な瞬間」と呼んだ。そして今、同国でギャップが続ける活動は以前よりもはるかに正当化しづらい ...

  • 「米国の象徴的ブランド」の称号失ったGAPに欠けているもの

    Andria Cheng , Contributor

    ファッション業界がかつてないほどの選択肢を消費者に提供している現在、米国の象徴的ブランドとされてきた1969年創業のGAPはいま、魅力を失い、いかに消費者の共感を呼ぶかという問題に苦しんでいる。米国では景気の回復を受け、小売業者の大半が予想を上回る第2四半期の業績を報告した。だが、複数のブランドを展 ...

  • 米GAPの定期購入サービスは顧客の心をつかめるか

    Pamela N. Danziger , CONTRIBUTOR

    定期購入(サブスクリプション)プログラムは、大手ブランドが熱心にその導入を進め、急速に普及しているビジネスモデルだ。よりパーソナライズされた顧客サービスに対応するため、選択肢があふれる小売市場での適切性に関する消費者のニーズに対応するための一つの方法と見なされている。実店舗やオンラインという従来の販 ...

  • 米GAP、旗艦ブランドをOLD NAVYに転換 低迷から脱却できず

    Barbara Thau , CONTRIBUTOR

    米ギャップ(GAP)は1974年、象徴的な広告キャンペーン「Fall into the Gap」(ギャップにはまる)」を展開し、消費者に自らを売り込んだ。それから44年、落ち込む売上高は、消費者が同ブランドに対し「Fall out (love)」(愛情が冷めた)と思っていることを示している。ギャップ ...

  • GAPの業績が好転、理由は競合他社の「脱落」?

    Lauren Gensler , Forbes Staff

    米カジュアル衣料大手ギャップ(Gap)のアート・ペック最高経営責任者(CEO)は、消費者にはぜひ自社の実店舗で買い物をしてもらいたいと願っている。「店舗の明かりが消え、窓に板が打ち付けられることは、業界に残るその他の企業に市場シェアが分け与えられたことを意味する」と話すペックは、自社がその「別の誰か ...

  • GAPに学べ? 小売業で成功するための10か条

    Laura Heller , CONTRIBUTOR

    現在の小売業は、かつてのそれとはまったく異なる。もちろん、製品を消費者に売るということ自体は同じだが、商売の仕方は大きく様変わりし、いまや昔とは基本的に別の業種、別の職業とも言えるほどだ。店をオープンするということも、わずか10年前とはまったく違う。以下に挙げるのは、経営者たちが肝に銘じておくべき小 ...

  • 米GAPが175店舗を閉鎖 苦境にあえぐ衣料チェーン業界 

    Clare O'Connor , Forbes Staff

    年明けから約2週間を経て、百貨店やショッピングモール等の小売チェーンは、決算を前に昨年末のホリデー商戦の不振という痛手に直面している。米百貨店大手メイシーズは、昨年の減収減益を受け、全米で36店舗を閉鎖し大幅な人員整理を実施する。アパレル大手、GAPは北米で175の店舗を、米ドラッグストアチェーン、 ...