• 中国政府が香港・マカオに「Eパス」導入、WeChatで越境管理へ

    Bay McLaughlin , Contributor

    テンセントは中国政府とともにWeChatを活用した「Eパス」システムの構想を描いている。同社が本拠を構える広東省と香港、マカオの一帯は「グレーターベイエリア(GBA)」と呼ばれ、6300万人が暮らすメガシティとなっている。中国はこの地域を国家の重要拠点と位置づけており、米国のシリコンバレーのようなイ ...