• ウォルマート、対アマゾンの次の一手は「ピックアップ・タワー」

    Great Speculations , CONTRIBUTOR GROUP

    小売最大手の米ウォルマートは、ネット通販大手の米アマゾンとの戦いを効率的に進めるための積極的な取り組みを推進している。食料品販売における両社の競争は、アマゾンが高級スーパーチェーンの米ホールフーズ買収を発表したことから、ますます激しさを増している。 ウォルマートとアマゾンの双方にとって、顧客を獲得し ...

  • アマゾン、成長神話の限界 5億ドルの損失をEコマースで計上

    Michael Kanellos , CONTRIBUTOR

    今年6月の時点で筆者は、アマゾンが成長の限界を迎えたのでないかという記事を執筆していた。急成長を遂げた小売業界の巨人も、今後下り坂に向かうのではないかと。今年7月28日発表の第二四半期決算(4〜6月)の時点で、アマゾンは輝かしい実績をあげていた。5期連続の黒字を計上し、クラウド部門のアマゾン・ウェブ ...

  • アマゾン「プライム」に米国人は死ぬまでに15兆円支出

    Jon Markman , CONTRIBUTOR

    アマゾンの販売パワーは日増しに強固さを増している。他の小売業者が苦境にあえぐ中でもアマゾンは売上を伸ばしてきた。その成長力を牽引する最も有効な手段が「プライム」だ。市場調査企業Cowan & Coのジョン・ブラックレッジは、4,900万人の米国アマゾンのプライム会員の生涯支出額を1,430億 ...

  • アマゾンのストリーミング事業が失敗する3つの理由

    Hugh McIntyre , CONTRIBUTOR

    先週、アマゾンがスマートスピーカーの「エコー(Echo)」向けに音楽ストリーミングサービスをスタートするとの噂が流れ、大きな話題を呼んでいる。このニュースが事実だとすると、月額料金は競合サービスの約半額の5ドルで、消費者にとってはかなり魅力的なサービスに思える。しかし、エコーでしか音楽を再生できない ...

  • 2016年の株式市場A to Z! 注目の名前、テーマ、トレンド26選(前編)

    Steve Schaefer , FORBES STAFF

    原油価格は下がり続け、FRB(連邦準備制度)が7年ぶりに金利引き上げ政策に転じるなど、2015年は投資家にとって、渡りきることが難しい一年となった。いわゆるFANG銘柄(Facebook、Amazon、Netflix、Google)を買った人は良かったが、今年の値上がりはこれらの銘柄にほぼ集中するば ...

  • 特許資料で判明したアマゾン、ドローン配達の衝突防止策

    Ryan Mac , Forbes Staff

    アマゾンは先日、ドローンによる商品配送の最新イメージビデオを公開したが、果たしてこのプランはいつ現実のものとなるのだろうか。また、ビルや鳥などの障害物を避けて飛行する技術が確立されるにはどのくらいかかるのだろうか。米国特許商標庁が10月1日に公開したアマゾンの特許出願資料には、UAV(無人飛行機)が ...