• 氷バケツ運動で「難病研究に大成果」は誤報 科学報道の課題浮き彫りに

    Arlene Weintraub , CONTRIBUTOR

    「アイス・バケツ・チャレンジ」がソーシャルメディアで大流行してから2年。この運動は、難病である筋萎縮性側索硬化症(ALS)の新治療法発見に向けた研究に1億ドル(約100億円)以上の寄付をもたらした。メディア各社は先月、この寄付金が「ブレークスルー(突破口)」となる発見につながったと報じた。この情報の ...

  • 声を失った人が「自分の声で会話する」方法はあるのか?

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    2015年夏、サッカーJ2、FC岐阜の恩田聖敬社長(当時)に1台のタブレット端末が貸し出された。タブレットに文字を入力すると、恩田社長本人にそっくりの声で再生されるのだ。恩田社長は、全身の筋肉が動かなくなる難病のALS(筋萎縮性側索硬化症)を発症し、話すことが難しくなってきていた。装置をつくったのは ...

  • アイスバケツチャレンジから2年、ALS研究に画期的成果

    Emily Canal , Forbes Staff

    バケツに入った氷水を頭からかぶり、筋萎縮性側索硬化症(ALS)患者の支援を訴えるアイスバケツチャレンジは、もう遠い昔のことのように感じる。しかし、このキャンペーンを通じて集まった寄付金による数々の研究は、成果を出し続けている。米ALS協会は7月25日、研究者たちがALS発症に関連のある遺伝子を特定し ...