• スタンフォードの女子学生が考案の「ネイル定期購入サービス」

    Amy Feldman , FORBES STAFF

    25歳のGrace Chiangの趣味はネイルだが、マッキンゼーに勤務していた頃は思うように手入れができなかったという。現在はスタンフォード大学ビジネススクールに在学中のChiangは、当時の経験をもとに3Dプリンターで作ったネイルの定期購入サービス「Mani.me」を立ち上げた。Mani.meは今 ...

  • 3Dプリントを活用 衝突実験用の「おばあちゃん人形」ができるまで

    Joann Muller , FORBES STAFF

    車の衝突実験に使われるダミー人形は、1949年に導入されてからますます洗練され、本物そっくりになってきた。いまでは男性、女性、子ども、幼児と、ひとつの家族を再現することができる。実験においては、衝突が異なるサイズや性別の身体にどのような影響を与えるかを理解することが大事なのだ。年配の乗客たちにもたら ...

  • 日本上陸狙う3Dプリンター「Carbon」社、総額230億円を調達

    Aaron Tilley , Forbes Staff

    注目の3DプリンターのスタートアップCarbonが大手企業らから新たに総額8,100万ドル(約83億円)の資金調達に成功した。今回行われたのはグーグル・ベンチャーズが主導し1億ドル(約102億円)を調達したシリーズCの拡張ラウンドで、出資したのはGE Ventures、BMW、ニコン、JSRなどだ。 ...

  • 「昔ながらの仕事」は最新テクノロジーでこう変わる

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    3Dプリンティングやデジタル地図など古い−。そう考えるのは時期尚早だ。日々進化するテクノロジーにより、私たちの生活は急速に形を変えている。ここでは、少し前に“流行った”とされる技術の現在地をご紹介しよう。仕事も勉強も、仮想世界で!VRの未来は“ソーシャ ...