• FBもシェア禁止、「3Dプリンター銃設計図」と表現の自由

    Emma Woollacott , CONTRIBUTOR

    フェイスブックは8月9日、3Dプリンターで製作する銃の設計図は、同社のガイドライン上の「規制されたアイテム」に該当し、今後シェアを禁止すると発表した。しかし、3Dプリンター向けの銃の設計図はインターネット上に広く出回っており、誰でもダウンロードできるのが現状だ。今年6月に米トランプ政権は、表現や銃所 ...

  • 3Dプリンターで宇宙ロケットを作る、20代起業家の野望

    Alex Knapp , Forbes Staff

    宇宙スタートアップ「Relativity Space」の共同創業者のTim EllisとJordan Nooneは、「ブルーオリジン(Blue Origin)」と「スペースX(SpaceX)」の出身だ。彼らは2015年まで各自の会社で3Dプリンターを使った部品製造に携わっていた。その経験から、ロケッ ...

  • 3Dプリントで人身売買から女性を救う英企業、インドから世界へ

    Kitty Knowles , Forbes Staff

    国際労働機関(ILO)によると、世界では現在、約2490万人が「現代の奴隷」となっている。現代の奴隷制はジェンダーに関する問題でもある。人身売買の被害者の71%は、子どもを含む女性たちだからだ。3Dプリンターを使ったアクセサリーの製作を通じて女性の教育・職業訓練を行う英スタートアップ、Free-Dの ...

  • 3Dプリンターで「結婚指輪」を変えるNYのスタートアップ企業

    Amy Feldman , FORBES STAFF

    3Dプリント技術の発達により、プラチナやゴールド、シルバーを使ったオリジナルの結婚指輪を手軽に買える時代になった。ニューヨークを拠点とするスタートアップ「Holden」が、同社のウェブサイト上でカスタマイズ結婚指輪の販売を開始した。ユーザーは6種類のデザイン、5種類の貴金属、2種類の仕上げ、2種類の ...

  • 3Dプリンターで「義手」を作る、22歳の起業家が描く夢

    Alex Knapp , Forbes Staff

    14歳の時に最初のロボットアームを自作したEaston LaChappelleは、その8年後にロボットアーム製造企業「Unlimited Tomorrow」を立ち上げた。Unlimited Tomorrowは今やマイクロソフトやダッソー・システムズ、3Dプリンターのストラタシスといった大手と提携し、 ...

  • 一人の専門医が生み出した「骨を傷つけない脊椎固定術」

    嶺 竜一 , Forbes JAPAN 編集部

    絶え間なく襲ってくる疼痛やしびれが、クオリティ・オブ・ライフを著しく低下させる。国内400万人、世界2億人を苦しめる「脊椎変性疾患」の希望の光となるか。人間には首から腰まで、24の背骨(脊椎)があり、その間には、可動とクッションの役割を担う23の円盤状の関節(椎間板/ついかんばん)がある。背骨は正面 ...

  • 自動車も家電もカスタマイズ、特注品市場を見据える「カブク」の挑戦

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    「第4次産業革命は、製造業をサービス化する流れになる。ソフトウェアの世界で起きた民主化がハードウエアの世界でも起きる」──。“ものづくりの民主化”をビジョンとし、3Dプリンターによるデジタル製造技術のものづくりを牽引するカブク社長の稲田雅彦は、そう話す。象徴と言えるのが、20 ...

  • フィット感抜群「3Dプリンター」製サンダル キックスターターで始動

    Amy Feldman , FORBES STAFF

    フットウェアスタートアップの「Wiivv Wearables」は、3Dプリント技術を用いて靴づくりを革新しようと考えている。同社は3月23日、キックスターターで3Dプリントで作られたサンダルのキャンペーンを開始した。「全ての靴はカスタム化が可能だ。まずはサンダルから新しい靴づくりのあり方を提案してい ...