• 野村HDグループの改革を支える「苦い記憶」と「危機意識」

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    眼下に株式などのトレーディングフロアを臨む一室。ピンストライプのスーツにクレリックシャツを纏って現れた野村ホールディングスグループCEO、永井浩二はその長身を折るように椅子に座った。「会社を根底から創りかえる─」増資インサイダー事件を受け、2012年、グループCEOに就任したときに永井が口にした言葉 ...

  • グランドセイコー「独立ブランド化」の舞台裏

    藤吉 雅春 , Forbes JAPAN 編集部

    「風を読みなさい」。セイコーウオッチCEOの服部真二は、社内でよくそう言うという。流行をとらえろという意味で使われがちの言葉だが、服部の話を一通り聞いたあとでは、こう言っているようにも聞こえる。過去から未来に流れる大きな文脈を読み取れと。彼が語ったのは、「ブランド」を築いていくストーリーであった。今 ...

  • デジタルを武器にした「損保の逆襲」

    藤吉 雅春 , Forbes JAPAN 編集部

    まずは波紋を呼んだ本音トークを紹介したい。SOMPOホールディングスの社長になる前、櫻田謙悟は「昔、あの会社は保険会社だったよね、と言われたい」と発言(保険の仕事を否定するのかと誤解された)。常務時代、役員会では「保険業は構造不況業種です」と明言(代理店さんががっかりするじゃないかと諭された)。同業 ...

  • アシックス復活の立役者が「ふたりの父」から学んだこと

    堀 香織 , CONTRIBUTOR

    中学1年生でジョン・F・ケネディのスピーチを丸暗記。そのなかの“pragmatic”と“entrepreneurship”という語彙が脳裏に刻まれたという早熟な少年は、後年、その2つを経営のキーワードに、倒産寸前の名門企業を危機から救った。尾山基、現ア ...

  • 「風通し」の良い組織はツキを呼ぶ/三井化学 淡輪敏社長

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    東京ベイエリアの高層ビルの中にある社長の執務室。その中央に、三井化学の社長、淡輪敏の本棚がある。経営の本が並ぶが、彼が影響を受けた本として真っ先に挙げたのが、意外にも荻生徂徠の『徂徠訓』だった。「30代半ばごろ、飲みに行ったお店で教えてもらいました」と、淡輪は笑うが、この本が彼の人生にとって大きな出 ...

  • 宅急便は単なる運送業にあらず! ヤマトホールディングス 山内社長

    堀 香織 , CONTRIBUTOR

    「クロネコヤマトの宅急便」が誕生して、今年で40周年。今秋発表された日経リサーチによる2016年版企業ブランド調査で、ヤマトHD傘下のヤマト運輸は初の首位を獲得した。過去の首位は日本マイクロソフト、グーグル、ソニー、アップルジャパンなどいずれも家電・IT系の企業で、サービス系の企業では初の快挙となる ...

  • FIを「NTTの技術」のショーケースに/庄司哲也社長

    藤吉 雅春 , Forbes JAPAN 編集部

    7月、F1のマクラーレン・ホンダとNTTコミュニケーションズはテクノロジー・パートナーシップ契約を締結した。左の写真は、ロンドン郊外のマクラーレン本社で社長の庄司哲也を撮影したものだ。ーーと言っても、F1に興味がない人にとっては気にも留まらぬニュースかもしれない。しかし、ニュースの核心は、むしろサー ...

  • 「企業再生のプロ」、新生ファミマ社長の熱すぎる経歴

    堀 香織 , CONTRIBUTOR

    「企業再生のプロ」との異名を、「いや、私は失敗のプロですよ」と笑ってかわす。ユニーグループ・ホールディングスと経営統合したばかりの新生ファミリーマートを率いる澤田貴司社長。35年の経歴は、一見すれば華麗なるエリート街道だ。大学卒業後に入社した伊藤忠では33歳の若さでアメリカのセブンーイレブン再生に関 ...

  • 日本発の世界ブランド「ミキハウス」が成功した理由[10年後のリーダーたちへ]

    大木戸 歩 , Forbes JAPAN 編集部

    大阪府八尾市。地下鉄谷町線「八尾南」駅を出ると、一風変わったガラス張りの建物が目を引く。ミキハウスグループの本社だ。社長の木村皓一は笑う。「本社に100億円もかけて、銀行に怒られました」屋内が自然光で溢れる本社は、建築家の黒川紀章が設計、24年前に竣工した。「いずれ世界の富裕層が買い付けに来るように ...