• 70代からの生き方、現代版「伊能忠敬モデル」

    川村 雄介 , CONTRIBUTOR

    早雲寺殿二十一箇条は、戦国大名の走り、北条早雲の人生訓、と伝えられている。曰く、「少の隙あらば物の文字のある物を懐中に入れ、常に人目を忍びて見るべし。寝ても覚めても手なざれば文字忘れる事あり。書くことも同じき事」。早雲は壮年期を過ぎてから戦国人としての本格的な活動を始め、齢80にして後北条氏5代にわ ...

  • 増えるがんサバイバーの「高齢化と併存症」、米が直面する新たな課題

    Arlene Weintraub , CONTRIBUTOR

    革新的ながん研究の支援を目的とする慈善プログラム「The Stand Up to Cancer(SU2C、スタンド・アップ・トゥ・カンサー)」は8年前の立ち上げからこれまでに、3億7,000万ドル(約376億5,140万円)を複数のがん研究プロジェクトに提供してきた。がん研究がこうした団体による資金 ...

  • 京都の山奥で猟師たちが起業!野生復帰計画

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    起業家から、NPO、大学、老舗企業まで、住民総出の街づくり。あなたの街でも、すぐに真似できるモデルがあるかもしれない。全国23拠点を持つトーマツベンチャーサポートからの協力を得て編集部で厳選した、今、最もおもしろい地方のアイデア集。「稼ぐ猟師」を育てるプラットフォーム2014年、京都の山奥で猟師たち ...

  • 押し寄せる高齢化の波、米国はどう対応する?

    Ashlea Ebeling , FORBES STAFF

    高齢化は、高齢者の問題ではない。世代を問わない問題だ。ベビーブーマー世代が1日当たり1万人のペースで70歳の誕生日を迎えるなか、米国は“老人支配”国になりつつある。老年学の専門家として知られるケン・ダイクウォルド博士は先ごろ、2016年大統領選の候補者たち、そしてメディアと有 ...