• 香港政府、ブロックチェーン活用の貿易金融システムを本格化

    Bay McLaughlin , Contributor

    香港金融管理局(HKMA)はブロックチェーンを活用した貿易金融プラットフォームを開始しようとしている。このプロジェクトは監査法人「デロイト」が参画し、香港地域のトップ銀行5行(HSBC、中国銀行、東亜銀行、恒生銀行、スタンダードチャータード)などの合計21の銀行のサポートを受けて実施される。今回の貿 ...

  • 香港の富豪50人、保有資産の総額が過去最多34.1兆円に

    John Koppisch , Forbes Staff

    フォーブスは1月17日、香港の富豪50人の最新の保有資産ランキングを発表した。リストに入った富豪たちが保有する資産は昨年から約600億ドル(約6兆6800億円)増え、3070億ドルとなった。フォーブスが同リストの作成を開始して以来、最も多い増額となる。富豪らの資産が増えた背景には、香港株式市場でハン ...

  • ブラジャー製造の世界トップ企業、香港レジーナが好決算

    Russell Flannery , Forbes Staff

    11月20日、上海で開催された下着ブランド「ヴィクトリアズ・シークレット」のショーは、中国人モデルのミン・シーがランウェイの途中で転倒するアクシデントに見舞われるなど、波乱含みの内容だった。しかし、その後ヴィクトリアズ・シークレットの下着を製造する香港のメーカーは、好調な決算を報告した。香港本拠のイ ...

  • 香港からアジアを狙う物流スタートアップ 顧客にはイケアも

    Hannah Leung , FORBES STAFF

    香港のスタートアップ、「GoGoVan(高高客貨車)」は今年8月、同業の「58 Suyun(58速運)」との合併を発表した。両社の評価額は、合計で10億ドルを超える。このニュースが報じられた直後、同じく香港に本拠を置くオンデマンド配達企業の「Lalamove」が、シリーズCラウンドで1億ドルを調達し ...

  • 輝きを失った香港、中国人から見た「返還後20年」の変遷

    Yue Wang , FORBES STAFF

    イギリスの植民地だった香港が、中国に返還されて20年が経った。香港と中国の関係はどう変わったのだろうか。北京在住の37歳の弁護士エバ・トンは、子どものころ、テレビで見る香港に強いあこがれを抱いていた。しかし、今はその香港がすっかり色あせて見える。「香港は面積が狭いなかに人が多すぎる。旅行ですら行こう ...

  • 世界の事業向け賃料ランキング 首位は香港、東京・丸の内が7位に

    Karsten Strauss , FORBES STAFF

    会社や起業家が事業を立ち上げる際にかかる出費の中でも、特に大きいのが人件費と場所代だ。オフィスや店舗を構えるためには不動産が必要だが、世界にはそうした場所代が他よりも高い地域もある。本記事では最も高額な投資が必要となる地域はどこかを探るために、米国に本社を置き世界各国で不動産サービスを提供するCBR ...

  • 叩き上げの大富豪、李嘉誠の「90%の時間」の使い方

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    年齢を重ねたビリオネアたちの人生には、 長い道のりを踏み外さずに歩いてきたからこその流儀がある。何が富を引き寄せたのか。香港一の大金持ちとして知られる李嘉誠は、アジアで最も影響力のある人物でもある。会長を務める長江和記実業は、港湾経営、小売り、建設、エネルギー、通信を5つの柱としており、世界50カ国 ...

  • 世界競争力ランキング2017 トランプ当選で米国後退、中国は躍進

    Karsten Strauss , FORBES STAFF

    世界規模でビジネスを展開するには、各国が自国の経済・政府・ビジネス・インフラの質と効率性の高さを示さなければならない。こうした分野での強さは、世界経済の舞台で大きな競争力を生む。スイスを拠点とする私立ビジネススクール、国際経営開発研究所(IMD)は先日、今年度版の「世界競争力年鑑」を公表した。この報 ...

  • モバイル決済「アリペイ」運営元がIPOへ 企業価値は6兆円突破

    John Kang , FORBES STAFF

    米国ではスナップの上場計画が明らかになり、時価総額が250億ドル(約2兆8,000億円)に達する大規模なIPOとして注目されている。しかし、米国に次ぐ規模の香港と中国での大型IPO案件も見逃せない。2017年に期待される3大案件を下記に紹介する。企業価値6兆円突破の「アント・フィナンシャル」中国アリ ...

  • 香港市民を激怒させた米ハリウッド映画、宣伝ポスターの中身

    Yue Wang , FORBES STAFF

    米パラマウントピクチャーズのSF映画「Arrival」は今年11月に公開が予定されている。しかし、この作品は既に香港で大きな物議を醸している。パラマウントは先週、12枚のこの作品のポスターを公開したが、そのうちの1枚は香港のビクトリア湾上空を謎の飛行物体がホバリングしている様子を映していた。問題とな ...

  • サムスン、新型Galaxy Noteで中国ユーザーを「特別待遇」 大型メモリをアピール

    Ben Sin , CONTRIBUTOR

    サムスンの最新機種Galaxy Note 7がテック界で絶賛されている。フォーブスのイアン・モリス記者は「史上最高のアンドロイド端末」と呼び、Engadgetのクリス・ベラスコも「サムスン史上最良のデバイス」と歓迎した。CNETのジェシカ・ドルコートは「これまでで最も魅力的な大画面スマホ」と称えた。 ...

  • アリババ会長、「中国寄りの報道はしない」 買収した香港紙で 

    Casey Hall , CONTRIBUTOR

    アリババのジャック・マー会長が昨年末、香港の英字新聞「サウスチャイナ・モーニング・ポスト」(SCMP)の買収を発表した際、自由な言論で知られる同紙が今後、中国政府の宣伝媒体になってしまうのではという懸念が高まった。SCMPは113年の歴史を持ち、アジアで最も信頼されている英字メディアだ。中国について ...

  • テスラの自動運転、香港で認可 「EVナンバーワン都市」を推進

    John Kang , FORBES STAFF

    テスラ・モーターズは3月14日、香港のモデルSのユーザー向けに、オートパイロット(自動運転)機能の提供を開始した。オートパイロット機能はステアリング操作や車線変更を半自動化し、縦列駐車も自動で行なえる機能。同機能はソフトウェアのアップデートで利用可能になる。オートパイロット機能は今年1月、日本でも認 ...

  • 香港フィンテックのスタートアップ 190億円を調達

    Forbes.com CONTRIBUTORS , CONTRIBUTOR

    香港のフィンテック(金融IT)のスタートアップ企業、ウィラボ(WeLab)が先ごろ、同地のスタートアップとしては最高額となる1億6,000万ドル(約188億円)の資金調達に成功した。同社は評価額10億ドル以上が基準とされるユニコーンの仲間入りも間近とみられる。ウィラボの好調な業績は、データ集約型のオ ...

  • 香港がアジアのスタートアップ・ハブになるために必要なこと

    Forbes.com CONTRIBUTORS , CONTRIBUTOR

    香港のスタートアップ企業を詳しく分析した研究によると、香港はスタートアップ企業のハブとして急速な進化を遂げてはいるものの、シリコンバレーに肩を並べていくには、ベンチャーキャピタル投資や起業家人材が十分でないことが明らかになった。一方で、比較的軽量級の香港経済も、世界に深く広く張り巡らされたコネクショ ...

  • イーロン・マスク、「香港はEVナンバーワン都市になる」宣言

    John Kang , FORBES STAFF

    「香港はいずれ世界で最も電気自動車(EV)が導入される都市になり、人口密度の高い都市のモデルになれる」テスラモーターズのイーロン・マスクCEOは26日、香港のスタートアップコミュニティStartmeup.hkが主催した、スタートアップHKベンチャーフォーラムでそう宣言し、テスラの新車「モデル3」から ...

  • 企業のアクセラレータープログラムはイノベーションの機会を求めてアジアへ

    Forbes.com CONTRIBUTORS , CONTRIBUTOR

    最近の調査によれば、企業のアクセラレータープログラムは、ますます増加しており、また、国境を超えるものになっている。欧米企業は、アジアにアクセラレータープログラムを置く動きを加速させている。世界中の85の企業アクセラレータープログラムのうち、18はアジアにある。企業がイノベーションプログラムを設置する ...