• 「妊娠中の飲酒」による障害は、考えられていたより10倍も多かった

    Tara Haelle , CONTRIBUTOR

    新しい研究により、妊娠中の飲酒は、これまでに考えられていたよりも最大で10倍多くの子供たちに悪影響をもたらしていることがわかった。米国では、10人に1人の子供が妊娠中の飲酒によって何らかの障害を抱えている地域もあるという。今回の発見は、障害だと見なされていないがサポートが必要な多くの子供が存在してい ...

  • 大麻合法化の米国の州でアルコール売上高が減少、関連性は

    Thomas Pellechia , CONTRIBUTOR

    米国で酒類の売り上げが減少している背景には、医療用大麻法を合法化する州の増加があるのかもしれない。米国とペルーの3大学が共同で行った研究により、そうした可能性が示された。コネチカット大学、ジョージア州立大学、ペルーの太平洋大学の研究者からなるチームが公表した調査結果は、酒類と大麻の関係に対する多くの ...

  • 「飲みすぎ」の米国人は2割弱 アルコール関連死は年間9万人

    Niall McCarthy , CONTRIBUTOR

    過度の飲酒は健康にさまざまな害をもたらす。記憶や意思決定への悪影響、胎児損傷、肝疾患、高血圧、心血管障害など、あらゆる問題の原因になり得る。米国の非営利団体(NGO)、ユナイテッドヘルス・ファンデーションが先ごろ発表した年次報告書によると、米国では成人の18.5%が「過剰飲酒」または「慢性飲酒」のい ...

  • 危険な飲酒をする米女性が急増 社会問題が背景か

    Alice G. Walton , CONTRIBUTOR

    米国では飲酒の習慣がある人が全般的に増加している。だが、気掛かりなのはその事実以上に、危険度の高い飲酒習慣がある人や、アルコール依存症を含む「アルコール使用障害(AUD)」と診断される人が多いことだ。米国医師会の精神医学専門誌「JAMAサイキアトリー」の電子版に8月上旬に掲載された論文の著者らは、米 ...

  • 飲酒が記憶力を増す? 研究結果が示す危険性

    David DiSalvo , CONTRIBUTOR

    私たちの大半にとって、飲酒は恐らく「覚える」ことよりも「忘れる」ことと深く関連している。先ごろオンライン科学誌サイエンティフィック・リポーツ(Scientific Reports)に発表された研究結果に違和感を持つのは、そのためだ。英エクセター大学などが行った研究の結果、飲酒は忘れることではなく、前 ...

  • 米で合法化が相次ぐ大麻、カリフォルニアには「大麻ワイン」も

    Thomas Pellechia , CONTRIBUTOR

    約20年前、ニューヨーク州のフィンガーレイクス地方にある革新的なワイナリー、グレノラ・ワインセラーズは、ある若い起業家と「ヘンプ・ワイン」の醸造を始めることで合意、実際にワインを生産する直前にまでこぎ着けた。同州の酒類規制当局は、1990年代後半には原料を輸入することを条件に、ヘンプ・ワインの生産に ...

  • 「適度な飲酒でもがん発症」は本当? 科学誌が読めないメディアの問題点

    Thomas Pellechia , CONTRIBUTOR

    米国のワイン産業やワイン愛好家の間では1990年代、「フレンチ・パラドックス」が話題となった。フランス人は動物性脂肪摂取量が米国人よりはるかに多いのにもかかわらず、心血管疾患による死亡率は低い、という一見矛盾した事実を指したもので、その原因はフランス人が赤ワインをよく飲むからだとされた。その後、適度 ...

  • 職場のホリデー・パーティで恥をさらさないために

    Rob Asghar , CONTRIBUTOR

    職場のホリデー・パーティは、キャリアのためになるどころか、むしろキャリアを傷つける可能性がある。とりわけ、際限なく注がれる無料のアルコール飲料を、適量以上受け入れてしまった場合は、である。アメリカは矛盾した社会習慣が存在する奇妙な国で、その矛盾は、祝祭が続く今のような時期に顔をのぞかせる。ヨーロッパ ...