• 「西洋型の食事」が生んだ複雑な問題、解決策はあるのか

    Christina Troitino , Contributor

    米国の消費者は毎日、1人当たり450g近い食品を廃棄しているという。持続可能性の重要性を訴える人たちにとっては、非常に残念なことだ。米農務省(USDA)が主導した調査によれば、同国で1年間に廃棄される食品の量は、1人当たり約100~130kg。食卓に並ぶ食品は毎年、その20%以上が廃棄されている計算 ...

  • 危機に瀕するアトランティックサーモン、保護へ向け大きく前進

    Monte Burke , Contributor

    アトランティックサーモン(タイセイヨウサケ)の個体数は、原産の北大西洋全域で40年間にわたり急激に減少してきた。産卵のため北米の河川に戻ってくる成魚の数は、1970・80年代には180万匹だったと推定されているが、今では50万匹以下にまで減っている。200年前には、毎年何十万匹ものアトランティックサ ...

  • 中国政府が「豚肉」の価格を警戒すべき理由

    Simon Constable , CONTRIBUTOR

    中国指導部は今、不安に駆られているに違いない。理由は同国の食料経済の問題だ。ロイターが報じたところによれば、中国では今年1月、豚肉の価格が前年比で7.1%上昇した。心配するほどのことには思えないかもしれない。だが、1989年の天安門事件の本当の原因を知っている共産党関係者らはいら立ち、落ち着きを失い ...

  • 糖尿病予防も夢じゃない? テクノロジーが開く「ペプチド」の可能性

    Michael Pellman Rowland , CONTRIBUTOR

    私たちが口にする食べ物には、膨大な数のペプチド(アミノ酸の結合体)が含まれている。例えばコップ1杯の牛乳には50億個のペプチドが含まれる。ペプチドはたんぱく質構造の中に潜んでおり、解放されると、生体の特定の生理的調節機能に対して作用する「生理活性」という特性を持つようになる。科学者たちは長い間、さま ...

  • 麻薬より危険「食べるのをやめられなくなる食品」リスト

    Quora , CONTRIBUTOR

    研究者らによると、いくつかの太りやすい食べ物は、ヘロインやコカインと同様の依存性があるかもしれないという。ダイエットの経験がある人なら、体重を落とすために自制心を働かすことがいかに難しいかを知っている。脂肪を燃焼する運動も効果的だが、食べ過ぎが脳に影響を与え、依存傾向を強めるという研究結果がある。高 ...

  • アメリカで需要を伸ばす食材宅配サービスが高級食料品店の利益を奪う

    Katie Sola , FORBES STAFF

    情報サービス会社Cardlyticsのデータによれば、調理前の食材をセットにしたミールキットを定期購入している人々は食料品店での買い物に費やす金額がより少なく、ホールフーズやトレーダー・ジョーズのような高級食料品店が最も大きな打撃を受けている。アトランタに本社を置くCardlyticsは、1億2,0 ...

  • 「オーガニックの効果」を誇張、スウェーデンのスーパーの実験動画が問題に

    Kavin Senapathy , CONTRIBUTOR

    スウェーデンでオーガニック食品販売のパイオニアとして知られるスーパーチェーンのコープは2015年、スウェーデン環境研究所と共同で、ある家族の協力を得て実験を行った。食費節約のためにオーガニックではない食品を食べてきたこの家族が2週間にわたって、オーガニック食品だけの食生活に切り替え、毎日尿サンプルを ...

  • 遺伝子組み換え「魚」で世界を救う 香港で起業した28歳の野望

    Rahil Bhagat , CONTRIBUTOR

    スタートアップ関連の取材が専門の筆者にとって、起業家たちの大言壮語は日常茶飯事だ。「ディスラプション」や「革命的」といった大げさな言葉は耳にタコができるほど聞いている。だが、そんな筆者ですら本当に感心してしまうアイデアを持つ企業がまれに存在する。その1つが香港のバイオテック系スタートアップのヴィター ...

  • 昆虫プロテインバー販売の米スタートアップ、4億円超を調達で事業拡大へ

    Natalie Sportelli , FORBES STAFF

    タンパク源として昆虫を食用にすることは、新しい考えではない。だが、多くの人たちにこれを受け入れてもらおうという動きが出始めたのは、より最近のことだ。米国ではここ数年、乳清や豆乳が普及してきたのと同じように、昆虫を牛肉やその他の動物性タンパク質の持続可能な代替食品として広めようと、専門家らの間で検討が ...