• 飛行機に乗るときに多い15の失敗 旅慣れた人に聞く対策のヒントとは

    Laura Begley Bloom , CONTRIBUTOR

    何かで失敗して、「もう二度とこんなことはしない!」と思うことがある。それなのに、また同じ失敗を繰り返してしまうこともある。飛行機に乗るときにも、何度も犯してしまう間違いがある。そうした行動の15の例と、出張が多く旅慣れている“賢い”トラベラーたちから聞いた対策のためのヒントを ...

  • 組み合わせ自在で環境にもやさしい、新型航空機「クリップエアー」の可能性

    Kristin Tablang , Forbes Staff

    ドイツが世界初の垂直離着陸機の開発に忙しい一方で、スイスは新たなモジュール式航空機で航空業界に革命を起こそうとしている。それが、スイス連邦工科大学ローザンヌ校(EPFL)が開発を進めているクリップエアー(Clip-Air)だ。クリップエアーは、ひとつのコックピットと3つのエンジンを搭載した全翼機に、 ...

  • 豪華絢爛! ドバイの大富豪が愛するファーストクラス誌上搭乗

    吉田 彩乃 , CONTRIBUTOR

    アラブ首長国連邦ドバイを拠点とするエミレーツ航空は、世界で最も高級なエアラインのひとつ。“エコノミー症候群”なんて言葉とは無縁のラグジュアリーな空の旅とは、どのようなものなのか。富豪御用達のファーストクラス・プライベート・スイートに乗ってみよう。一度でいいから乗ってみたい憧れ ...

  • 「羽田ーアメリカ直航便」はなぜ遅れてきたのか

    伊藤 隆敏 , CONTRIBUTOR

    今年2月に行われた日米航空交渉で、昼間時間帯(午前6時〜午後11時)の羽田-アメリカ直行便の開設が合意され、10月のダイヤ改正から実現の予定だ。羽田-アメリカ直行便はこれまで、深夜早朝時間帯(午後11時〜午前6時)に限って8往復(日本の航空会社4、アメリカの航空会社4)が認められていた。これが今後は ...

  • デルタ航空、電話予約の発券手数料を廃止

    Andrew Bender , CONTRIBUTOR

    航空会社が利用者から徴収している手数料を廃止するとのニュースを最後に聞いたのは、いつのことだっただろうか──?デルタ航空は4月14日、同業界では久しぶりのこととなる手数料廃止の方針を明らかにした。同社は現在、電話で航空券を購入する利用者に対し、航空券1枚当たり25ドル(約2,700円)の発券手数料を ...

  • 空飛ぶサロン4,800万円[小山薫堂の妄想浪費 vol.9]

    小山 薫堂 , CONTRIBUTOR

    放送作家・脚本家の小山薫堂が「有意義なお金の使い方」を妄想する連載第9回。バー、レストラン、料亭と、飲食業にひととおり携わってきた筆者がサロンの有意義性と食の可能性について、あらためて考えてみた。以前「タワシタ」という短篇を書いたことがある(講談社文庫『フィルム』に収録)。環七沿いのバーが営業不振に ...

  • ジェットラグが寿命を縮める?[Forbes WATCH〜時の進化〜]

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    国際的なビジネスパーソンを悩ませる時差ぼけ(=jet lag。2006年にアメリカ・バージニア大学の生物学者のグループが学術誌に発表した、ネズミを使った実験では、人間でいうと70歳から90歳に当たる高齢のネズミほど「朝が6時間早くなる」環境下で早死にし(=身体的にダメージを受ける)、いわゆる日本から ...