• 結婚前に知っておくべき「お金」のこと 確認するための10の質問

    Neale Godfrey , CONTRIBUTOR

    ミレニアル世代の米国の若者たちは、親たちの世代ほど早い時期には結婚しようとしないだろう。伝統的な結婚をする人は、かなり前から減っている。米ベントレー大学が先ごろ発表した論文によれば、シンクタンクのアーバン・インスティテュートの調査の結果、米国の平均初婚年齢は女性が27歳、男性が29歳であることが分か ...

  • 「金とビットコイン」の統合決済システムが良案と考える理由

    Nathan Lewis , Contributor

    金か、あるいはビットコインか──この問題はこのところ、特に注目を集めているようだ。多くの人が、世界各国の銀行システムが危険にさらされていることに気付いている。そして、それに「代わるもの」は何かについて考えている。世界中の都市にある集合住宅の空き物件を購入する外国人が急増していることと、各国の銀行が築 ...

  • 遺産を相続する子供と「お金の話」をすべきでない理由

    Daniel Scott , Contributor

    最近の米国の家庭では、ほとんどがセックスやドラッグ、政治問題をはじめどんなことでも話し合うらしい。だが、お金の問題は依然として、数少ないタブーの一つだ。米経済専門放送局CNBCによると、「富裕層の90%は、子供が相続することになる金額などについて教えない」という。ただ、資産管理アドバイザーや専門家ら ...

  • 金がビットコインより「優れている」12の理由

    Simon Constable , CONTRIBUTOR

    世界は「ビットコイン」として知られる仮想通貨に熱狂している。だが、注意すべき点がある──保証された資産を持ちたい全ての人にとって、今でもより安全なのは、金だ。その理由は、次に挙げるとおりだ。1. 金の保有には、長期的に富を蓄える方法としての5000年近い歴史がある。2. 金にはすぐに売れる市場、流動 ...

  • 世界の金宝飾品需要、一部地域で改善 中東で大幅な伸び

    Anthony DeMarco , CONTRIBUTOR

    世界の金の宝飾品需要は今年第2四半期、前年同期比8%増の480.8トンとなった。だが、2016年下半期に需要が縮小していたことから考えると、期待したほどの改善はなかったと見る向きも多いかもしれない。世界的な金の業界団体ワールド・ゴールド・カウンシル(WGC)の報告書「ゴールド・デマンド・トレンド」に ...

  • サイバー攻撃時代のポートフォリオ、持つべきは「金」

    Olivier Garret , Contributor

    米国の人気コミックに登場する悪役「ドクター・ドゥーム」によると、私たちは現物の金を買い、銀行の貯金とは別に持っておくべきだそうだ。逆張り投資家として知られるマーク・ファーバーは先ごろ、米国の金融研究の専門家らで組織するハード・アセッツ・アライアンスのインタビューに対し、「米国民にとっての最大の地政学 ...

  • スマホから「金」を取り出す画期的技術 エジンバラ大学で考案

    Brian Freedman , CONTRIBUTOR

    スマホなどの電子機器のプリント基板には、微量ながら金が使われている。これまでは金だけを取り出すのが困難だったために大部分が廃棄されてきたが、このほどスコットランドの研究チームが画期的なリサイクル技術の開発に成功した。エジンバラ大学の科学者たちが開発した特殊な化合物を使うと、プリント基板の金を従来より ...