• 世界の配車アプリの覇権を握る、ソフトバンク孫正義の野望

    Pamela Ambler , Forbes Staff

    中国の配車サービス市場を席巻する滴滴出行(Didi Chuxing)は1月4日、ブラジルの配車サービス「99」を買収すると発表した。99はラテンアメリカにおけるウーバーの最大のライバルだ。配車サービス業界では昨年12月、ソフトバンクがウーバーの株式の14%を取得すると発表していた。関係筋の情報では創 ...

  • カンボジアで配車アプリが続々登場、日本語対応サービスも

    河 鐘基(ハ・ジョンギ) , CONTRIBUTOR

    読者の皆さんは、カンボジアと言えばどのようなキーワードを連想するだろうか?観光客に大人気の世界遺産「アンコールワット」を真っ先に挙げる人も多いだろう。はたまた、90年代まで続いた激しい「内戦」や、その後に続いた「復興」を挙げる人もいるかもしれない。政治や経済に関心が強い人の中には、「東南アジアの貧困 ...

  • ウーバーを猛追、イスラエルの「Gett」が米国事業を急拡大へ

    Brian Solomon , Forbes Staff

    ウーバーに対抗するため、小規模な事業者が連合を結成する動きが高まりつつある──。GettやJunoといった企業らは米国でウーバーの足元にも及ばないが、彼らがタッグを組んで戦えば勝負の流れは変わるかもしれない。4月26日、テルアビブに本拠を置き欧州やロシア及びニューヨーク市に展開する配車サービスのGe ...

  • ウーバー vs 滴滴、ブラジルで配車戦争 滴滴が1億ドルを海外投資

    Brian Solomon , Forbes Staff

    ウーバーは昨年夏、中国の配車アプリ最大手「滴滴出行」(ディディチューシン)の株式の20%と引き換えに、同社に中国事業を売却した。それにより滴滴とウーバーとの戦いは一段落したかのように見えたが、それはつかの間の平和だったようだ。滴滴は1月4日、ウーバーのブラジルでの競合で、サンパウロとリオデジャネイロ ...

  • 7.5兆円市場、中国「配車アプリ」に急ブレーキ 壊滅的規制案の行方

    Yue Wang , FORBES STAFF

    数ヶ月前、配車アプリサービスを合法化した中国が突然、その流れに逆行する動きを始めた。中国の配車アプリ市場は2020年に730億ドル(約7.5兆円)規模に達するとの予測もあるが、その成長に陰りがもたらされるかもしれない。10月上旬、中国の7都市(北京や上海、深センや杭州市等)の交通担当官は配車アプリ規 ...

  • 女性限定の配車サービス「See Jane Go」、カリフォルニア州で始動

    Andrew Bender , CONTRIBUTOR

    「女性の多くは、配車アプリを利用して男性ドライバーの顔がスマホ画面に表示されると抵抗感を覚えるものだ。偏見は持ちたくないが、車に乗り込むときに怖いと感じることもある」と話すのは、カリフォルニア州コスタメサに住むイングリッド・ニューマンだ。彼女は年老いた母親を毎週サロンに連れていくため、配車アプリのリ ...

  • 楽天にViberを売った男の配車アプリJuno 「搾取ゼロ」で打倒ウーバー宣言

    Janet Burns , CONTRIBUTOR

    配車サービスのJunoはドライバーに対する待遇の良さで、ライバルのウーバーやリフトに対抗しようとしている。ニューヨーク市でサービスを行なうJunoは、ドライバー向けにホットラインを開設し、公平な報酬や正社員の地位を保証。さらには、会社の株を与える計画も進めている。こういった施策でドライバーの満足度を ...

  • 配車サービス、リフトが「相乗り」事業停止 参加ドライバー不足が原因

    Brian Solomon , Forbes Staff

    配車サービス業者らが次に期待を寄せる分野が、通勤客をターゲットとした「相乗り通勤(carpooling)」だった。配車サービス大手のリフト(Lyft)は今年3月、サンフランシスコのベイエリア限定で相乗り通勤サービス「リフト・カープール(Lyft Carpool)を立ち上げた。しかし、その試みはどうや ...

  • ポケモンGO「捕獲ツアー」が大盛況 配車アプリ連携で全米に拡大へ

    Curtis Silver , CONTRIBUTOR

    ポケモンGOは新たな周辺ビジネスを次々と生んでいる。中でも最新の注目株は配車アプリを用いたポケモン捕獲ツアーだろう。これは、ガイドが車で町中のポケストップやジム、レアなポケモンが目撃された場所などを案内するサービス。熱狂するユーザーたちは喜んで料金を支払うだろう。ガイド付きツアーは昔からあるが、AR ...

  • 調達額1兆円超えの配車アプリ「滴滴」VS「ウーバー」の終わりなき資金獲得戦争

    Yue Wang , FORBES STAFF

    中国の配車アプリ最大手、「滴滴出行(ディディチューシン)」は6月16日、新規および既存の投資家から新たに73億ドル(約7,600億円)を調達した。エクイティによる資金調達額は45億ドルで、アップルとアリババ、金融企業のアント・フィナンシャル、テンセントなどが資金を提供した。また、中国人寿保険による長 ...

  • 米国でも加熱の「中国人旅行客」争奪戦 配車アプリ各社が対抗

    Brian Solomon , Forbes Staff

    世界を席巻するウーバーに対し、競合企業らは連合を結成し対抗の動きを進めている。4月上旬から、配車アプリのリフトと、同業で中国最大手のディディ・クアイディ(滴滴快的)は、国境を越えた共同サービスのベータ版をリリースした。中国でディディ・クアイディを利用しているユーザーは、同じアプリを使ってアメリカでリ ...

  • 自動車業界の巨人 GM ウーバーの競合に「無料車両」提供開始

    Brian Solomon , Forbes Staff

    ウーバーの競合として知られる配車アプリのリフト(Lyft)とゼネラルモーターズ(GM)は、リフトで働くドライバー向けに短期のレンタカーサービスを開始する。GMは今年1月、リフトに5億ドルを出資している。「エクスプレス・ドライブ」と名付けられたこの新サービスはまずシカゴでスタートし、その後エリアを拡大 ...

  • グーグルマップに「配車アプリ」タブが新設 世界5ヶ国で導入

    Brian Solomon , Forbes Staff

    グーグルは3月15日、配車アプリとの連携をさらに深めるアナウンスを行った。グーグルマップに配車アプリ用のタブを新設し、徒歩や車、公共交通機関を用いたナビゲーションと並べて表示するのだ。グーグルは以前からウーバーの配車情報を検索結果に表示してきたが、今後は世界5ヶ国においてウーバーの競合のサービスも表 ...