• 面接で「問題を解決した経験」を聞かれたときの答え方

    Liz Ryan , CONTRIBUTOR

    以下は読者のサイモンから寄せられた便りと、私からの回答だ。私は求人サイトに履歴書を登録して数社に応募しました。すると、選考のため自動応答電話がかかってきました。自動応答の質問に答えるのは少し怖くもありますが、続けました。質問の1つは「仕事で直面した問題と、それをどのように解決したかを教えてください」 ...

  • あなたをだましこき使う悪徳企業 見分ける10のポイント

    Liz Ryan , CONTRIBUTOR

    以下は読者のグロリアから寄せられた便りと、私からの回答だ。どうしても就きたい職があり、これまで4回面接を受けました。将来有望なスタートアップ企業です。ところが一向に内定をもらえません。初回の面接から2回目までは4週間も待たされました。その後さらに、従業員らの前でプレゼンをしました。3回目の面接だった ...

  • 就活中に妊娠が発覚 企業には伝えるべき?

    Liz Ryan , CONTRIBUTOR

    以下は読者のレジーナから寄せられた便りと、私からの回答だ。私は転職活動中ですが、つい最近、第1子を妊娠していることを知りました。現在勤めている会社ではオフィス管理担当者として働いていますが、オーナーが事業を売却して退職することを望んでおり、近いうちに職を失うかもしれません。妊娠7週目に入ったばかりな ...

  • 誰にでもわかる解雇の前兆 転職活動を始めるべき10のサイン

    Liz Ryan , CONTRIBUTOR

    以下は読者のジョエルから寄せられた便りと、私からの回答だ。私は現在の仕事に就いて3年になりますが、先週は入社してから最もストレスを感じた1週間でした。火曜日に、マネジャーが突然チーム会議を招集しました。以前このようなことがあったのは、役員の1人が長い闘病の末に亡くなったときでした。マネジャーは、会社 ...

  • 最終選考での不採用が良いことと言える理由

    J. Maureen Henderson , CONTRIBUTOR

    私は最近、就業中の友人から、転職活動についての不満を耳にした。求職者によくある不満といえば、応募書類を送ったのに音沙汰がないことや、優秀な人材を安い給料で採用しようとする会社についてだが、彼女の問題は少し違っていた。彼女は非常に経験豊富で、履歴書とカバーレターも素晴らしい内容であるため、求人広告で興 ...

  • 仕事をしながら転職活動? やってはいけない6つの過ち

    Liz Ryan , CONTRIBUTOR

    ソフトウエアエンジニアのニックが、自席でプロジェクトにいそしんでいると、上司の上司であるフィルが笑顔で近づいてきた。「この間、君を知っている人に会ったよ」「そうですか!」。あなたは答えた。「どなたにお会いになったのですか?」「アレンという人だよ」とフィルは答えた。「アレン・カネッジ? いや、カンタッ ...

  • その会社、本当に自分に合っている? 転職前に見極める6つの方法

    David Sturt and Todd Nordstrom , CONTRIBUTOR

    「こうなることは分かっていた。辞めようとしたけど、向こうに先を越された。きょう、解雇された」これはある友人が私たちに語った言葉だ。「内定承諾後すぐ、私には合わないことが直感的に分かった。上司の価値観や管理手法に賛同できず、どれほど努力しても意見は一致しなかった。前の仕事を辞める前に会社との相性を知る ...

  • 時間のないフルタイム社員 採用面接はどう設定する?

    Liz Ryan , CONTRIBUTOR

    以下は読者のグレースから寄せられた便りと、私からの回答だ。-----------------------------私は現在フルタイムで勤務中ですが、もっと良い仕事を探しています。転職活動を始めたところ、数人のリクルーターから連絡があったのですが、現在課題にぶつかっています。午前8時半から午後5時の ...

  • 経験がない仕事に就職するためにできる4つのこと

    Caroline Ceniza-Levine , CONTRIBUTOR

    キャリアを変更して新たな分野を開拓したいとき、関連した経験がない職種に採用してもうためにはどうすればいいのだろうか? 率直に言えば、雇用者があなたの潜在能力を信じて採用してくれることはないため、希望する職種に関係する経験は必須だ。だが有給・フルタイムの業務経験である必要はない。ただ雇用主にとっては、 ...

  • 自称「思想的リーダー」に偽者が多い理由

    Simon Constable , CONTRIBUTOR

    さまざま分野の中で最も影響力のある人を指す「ソートリーダー(思想的指導者)」という言葉は、ビジネス界を通じて広まった。まるで死滅させることができないウイルスが(罪がある人もない人も同様に)あらゆる人のキャリアをむしばんでいくように広まったこの概念は、さまざまな惨事をもたらしている。これは食い止めなけ ...

  • 内定に飛びつく前に言うべきこと

    Lelia Gowland , Contributor

    転職活動でついに内定を受けたその瞬間は、喜びのあまり「はいっ!いつから出社しましょうか?」と言ってしまいたくなる。しかし、どれほど胸が躍っていようと、その気持ちはぐっとこらえよう。内定承諾前は、会社側と交渉する絶好の機会だ。たとえ交渉しないと決めても、返事の前に一息つくことで、新たな職場での成功に向 ...

  • 劣悪な職場を逃れた後、休憩期間を設けるべき理由

    J. Maureen Henderson , CONTRIBUTOR

    ひどい仕事は、トラウマを生むこともある。ワーク・ライフ・バランス(仕事と生活の調和)を崩し、天井知らずのストレスを生み、健康を害し、社会人や人としての価値に疑問を抱かせる。ひどい仕事に就いていると、より良い場所へ今すぐ逃げ出したいという衝動に駆られる。どんな仕事であれ、ここよりはましに違いない──と ...